So-net無料ブログ作成

昭和35年東海道各駅停車の旅10 [東海道本線各停旅1960年]

今日6月3日土曜日、用事があって車で小田急の柿生駅近辺まで行ってきた。途中、小田急沿いの道を通り、小田急の上下をクロスしたので、小田急の電車とも会えたけれど、殆どが3000系。
昭和38年、小田急沿線に引っ越してきた頃から43年間、ずっと小田急の電車を見てきたが、だんだんと形式が減ってきており、今度、5000系が減り始めるとの事。寂しいなあ!!!

今日の鉄道関係の話題は微小なんで・・・・・、連載の東海道各停の旅。

■ 1960年3月 東海道本線各駅停車 ■

東京駅発5時56分大阪行123列車は、清水駅を10時08分に発車しました。清水を出ると海側に静岡鉄道が平行する、結構、楽しい区間ですが、そう何本も出会えるチャンスも無い。うまい具合に静鉄の電車とすれ違います。新清水行きの急行モハ17の単行、元・東急のデハ3250です。
 

そして草薙駅10時15分

 
とうとう、列車は静岡駅に到着しました。静岡駅10時22分着・10時27分発で、5分停車です。今と違って、駅は高架ではなく、地平にありました。駅付近には大きなビルは少なく松坂屋が目立ちます。

そして、5分停車とあれば、お弁当屋さんの登場です。

左端の写真の『お弁当部分のクロースアップ』です。今思うと安いですね~!


東京を出て、180.2km/4時間26分、静岡まで来ました。いまの新幹線のぞみ号でしたら、広島を過ぎ、1,027kmの新山口駅あたりまで行くんでしょう。
まだまだ、旅は続きます。次回は、用宗駅からです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

マイクさん

 駅弁やと〈弘〉マークが懐かしいですね。特に駅弁売り子(売りオヤジ?)の
姿勢がいかにも「エー、ベントベントー!」と声が聞こえるようです。
多分、列車が止まるまでは「クサナギー、クサナギー」と連呼していたのでしょう。そんな事を連想する私の年齢は大体の見当がついてしまいましたね。
by マイクさん (2006-06-07 18:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0