So-net無料ブログ作成

広島岡山大阪:2000年(12) [2000年の旅]

■ 『広島・岡山・大阪の旅』第12回。2000年(平成12年)4月24日(月)~25日(火)の広島・岡山・大阪の旅、今日は岡山編の最終回・四回目です。お話は市内を走る路面電車、岡山電軌。前回で、東山線の終点『東山』の車庫・工場の見学を終えたところからです。

 岡山の市内電車(3) 

 2000年(平成12年)4月25日火曜日、岡山電軌の東山にある車庫を見学させて頂き、事務所にご挨拶して通りに出てきました。

(1) 岡山電軌式の錘を使って押し上げるパンタグラフ、益々元気です。右は車体サイドの社章。

(2) 振り返れば岡山電軌本社と右奥は車庫工場。見えにくいですが右の方には車両も写っております。

(3) 東山の電停で岡山駅方面に折り返す7X01。

(4) 廣榮堂本店:元祖きびだんご広告電車、8501。前に書きましたが電車の前面の●は桃太郎。反対側には鬼の顔が描いてあります。

(5) 8501、反対側の鬼のイラスト。あんまり悪役的には見えない鬼で、こんなところから金銀財宝あや錦を持ってきちゃって良いのかなあって感じ。濱田廣介の泣いた赤鬼みたいな、ヒトの良い鬼って表情です。

■ これで岡山電軌の撮影は終わり、再び電車に乗り込んで、あの名園『後楽園』を観光しようと城下電停で下車。

(6) 降りたところでもう一枚。7401。左のビルが昨夜泊まったチサンホテル岡山ですが、なぜか現在、地図やネットで、発見できないのです。撤退しちゃったのかなあ・・・・。

(7) 昔々、1958年・昭和33年に、後楽園に来た事がありまして、その時は、西大寺鉄道に乗りに来たのです。後楽園の前の橋を渡ったところに西大寺鉄道の後楽園駅が在りました。現在はどうなってるんだろうと、後楽園駅の痕跡を探しに行って15分ほどうろうろしていたんですが、よく判りませんでした。多分、現在、竹久夢二記念館になってる所じゃあないかと思うんですが。
 左画像は後楽園近くにあった古い家。右画像が、たぶん後楽園駅のあったあたりと思われる場所。写っているのが竹久夢二記念館だったと思うが、記憶違いは、現在・過去ともに可能性大です。

(8) 後楽園も30分ほどですが見てきました。池を囲む森の向こうに巨大ビル群が見えなかったのが大変結構。いまは、どうなっているかは判りませんが。

 さて、後楽園観光も終わって、もうお昼も近い。15時までに、大阪の豊中市まで行かねばなりません。JR駅まで岡電バスのお世話になり、新幹線で大阪に向かいました。


 1958年・昭和33年、私のの西大寺鉄道訪問記は、ホームページ『む~さんの鉄道風景』の、こちらをご参照下さい。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link21.html



■ これで岡山編はおしまいで、次のお話は大阪編になる筈です。出てくるのは阪急がちょっとだけですが・・・・・。

・・・・・・・・では、また!!!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 3

no

こんにちは。
岡山駅から清輝橋まで乗りました。同僚が取った宿がそこにあったのです。同僚の行きつけの店で蛍をたくさん飛ばしてくれました。

新西大寺町筋で降りて西大寺町まで商店街を歩きました。短いけれど、今風でなくて好かった覚えがあります。西大寺町から駅までは電車に乗ったのだと思います。
なんだかサイズが小さい電車だった記憶がありますが、ゲージが狭かったのかしら。
駅から地下道を通って電停に行けるというのが洒落てるな、とおもいましたけど、本当は駅にぴったり着けてくれた方が親切ですよね。
by no (2007-02-14 00:28) 

’80XE PA96E

岡山に2年居たのに、後楽園を見に行ったには一回だけでしたね。住んでたのが倉敷でしたので、西よりのほうに出かける方が多かったですがね。
岡電もMOMOも良いですが、こういった味のある車両も残しながら、永続してもらいたいですね。
by ’80XE PA96E (2007-02-14 07:12) 

む〜さん

■ no様: 私が訪問した日は午後から大阪でお約束もあり、岡電見学は午前中しか出来ませんでした。デジカメも、不満ながらも、当時よりはいくらかマシになったので、こんどは岡電と岡山の街に丸一日掛けたいものです。小橋~門田屋敷あたりに良い街並みがあった気がしますし・・・・。
■ '80XE_PA96E様: 後楽園は1958年と2000年の2回入ったのですが、良い庭園ですね。でも、私、高松の栗林公園も、水戸の偕楽園も、行ったことがありません。兼六園に行ったのが不思議なくらい・・・。
by む〜さん (2007-02-14 13:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0