So-net無料ブログ作成

#244:八王子へ・・・・(3終) [お出かけ通信201~250]

icon-odekake.gif
pen-pc.gif 
2008年・平成20年11月24日・月曜日・勤労感謝の日(振替休日)のことです。今日は、その三回目、最終回です。

 お天気は、『曇り~のち雨』。たまには八王子で、E233とか、中央線の特急とか、そして貨物列車も、運がよかったら、見られそうですので、横浜線でJR八王子駅まで、出掛けて行きました。横浜線編、電車編に続いて、今日は貨物列車&電気機関車編
 ・・・・・と、言っても、タンク貨車の列車、一本が八王子に居るだけなんですが・・・・・ご容赦下さい。

 お出かけ通信(244) 

 八王子へ・・・・・(3終)  

pencil-red.gif 12時ごろに、横浜線で八王子駅に着いたとき、横浜線ホーム隣接の機関庫の向こう側にEH200-13がお休み中。

(1) EH200-13・・・・・EF64に替わって中央線貨物列車の主力になるらしい機関車。ちょっと角ばり過ぎかなあとも、思いますが、これはこれで、なかなか頼もしい感じであります。
081124ode201.jpg


pencil-red.gif 横浜線のホームから眺めた、中央線下りホームの向こうに、緑色のタンク車が並んでいます。とりあえず、電車見物もあり、ブリッジを渡り中央線の上りホームに駆けつける。こういうときに、エスカレータやエレベータが有るのは、私みたいな老人にとって、大助かりです。

(2) 12時20分、ずらりと並んだ緑色とグレーに塗り分けられた、12~3両のタンク車の列。機関車は無く、何処から来て、何処へ行くのでしょう
081124ode202.jpg

(3) 日本石油輸送株式会社、タキ1000-XXX、ガソリン専用、根岸駅仮常備、八王子発、根岸行、空車などが、読み取れました。成る程、成る程!!!そ~言えば、八王子駅から東へ、京王線を跨いだ辺りに、石油ターミナル風のものがあったっけ・・・・今でも有るんだろうか?と、GoogleMapで眺めに行きましたら、たしかに淺川の鉄橋の手前に「日本オイルターミナル㈱八王子営業所」がありました。「う~む、便利なものだなあ!」と、思いつつ、Street Viewの画像が、でっかくなっていて、さらに鮮鋭に見られる・・・・・・「う~む、これで良いのかなあ?」って感じもあります。
081124ode203.jpg

(4) 12時23分、上りの中央特快・東京行のE233が来ました。
081124ode204.jpg

(5) 12時24分、横浜線側の側線で待機していたらしい、EH200-11が、近づいてきました。
081124ode205.jpg

(6) 係員に誘導されて、タンク車の列に接近
081124ode206.jpg

(7) EH200のサイドには、こんなイラスト
081124ode207.jpg

(8) 12時26分、 タンク車の列車が出来上がり、発車を待つだけです。081124ode208.jpg

(9) 12時29分、(8)の列車に上りの快速東京行が並びました。このタンク車の列車が、八王子駅を何時に発車するか?は確認せずに、この場所を離れました。

081124ode209.jpg

(10) 12時32分横田基地に着陸するのでしょう、南方から、ボーイング747が着陸体勢です。
 EVERGREEN INTERNATIONAL とサイドに書かれております。撮影するには少々、遠い。
081124ode210.jpg

coffee.gif ここで、少々、一息入れに、街に出ました。


pencil-red.gif 前号でご紹介したような昼食、散策の後、そろそろ、帰宅しようと思い、駅に戻りました。

(11) 13時31分横浜線の電車に乗って帰るわけですが、横浜線ホームの端っこから、中央線ホームを眺めたら、機関車が二両、お休み中。EH200-13とEF65です、EF65はパンタを降ろしており、回送かもしれません。なんだか、判らない内に、横浜線の電車も来て、帰ってきてしまいました。
081124ode211.jpg

(12) EH200-13の横顔も・・・・・。
081124ode212.jpg


icon-tsuika.gif
 EH200がヨーロッパ風とのコメントを頂戴致しましたので、その一例です。
 経歴も性能もわかりませんが、ドイツの貨物用電気機関車185形、スイスのシュピーツ(Spiez)駅で、2003年10月27日。車輪配列はBBで、AC15,000Vと25,000Vの複電圧だそうです。
 色は全く異なりますが、角ばり方と、雰囲気は似ていますね。
0310swiss03.jpg

icon-tsuika.gif
 EH10についてのコメントを頂きましたので、EH10の画像を追加しました。1959年・昭和34年3月、場所は、国鉄品鶴線の永富踏切付近(東急池上線御嶽山駅の鉄橋と東急目蒲線沼部駅付近の鉄橋の中間辺り)。
5909-3hinkaku004.jpg

icon-tsuika.gif
 もう一枚、EH10の画像を追加します。時は1960年・昭和35年、何月かはわかりませんが、たぶん、夏らしい。場所は東急池上線御嶽山駅付近です。このEH10 4は、最初の4両で、量産試作的なものだったらしく、パンタが連結面にあります。
60-eh104-hinkakusen.jpg
 35mmハーフ判カメラ、オリンパスペン+フジカラー(ASA10)の縦位置だったのをトリミングで横位置にしましたので、だいぶ、ボケました。



coffee.gif ・・・・・と、言うところで、八王子での貨物列車&電気機関車のお写真はお終いです。

pen-para.gif 次回からは、また、昔写真をネタにお話いたしましょう。


nice!(1)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 19

HIROOUJI

JR東日本のEH200僕は大好きな車両です
これを見たときはどひゃっと驚きました
ユーロピアンスタイルでフフランス国鉄を想いだして当初これって
フランスから輸入したのではと勘違いしました。
E233もいいのですが各線均一でなくたとえば東海道線、中央線
など、角ばったデザインでこのような感じの電車が走ってほしいですね。
by HIROOUJI (2008-11-27 12:17) 

む〜さん

■ HIROOUJI様: 私も何処かで見た形だと思ったら、2003年にスイスのシュピーツ駅で、ドイツから乗り入れてきた、ドイツ国鉄の185形貨物用電気機関車を見たのでした。サイドビューも色も違いますが、前面の角ばり方は似ていますね。
 『食パン』が好きでない私ですので、たとえ通勤型であっても、多少は角の取れているほうが好きです。
by む〜さん (2008-11-27 18:37) 

べる

EHなんて機関車は貨物列車の衰退でもう見ることはないだろうと
思っていましたが輸送の形態が変化したからこそかえって必要になったんですね。
む~さんのHPを知るきっかけとなったのはEH10の画像を検索していて、なのでした。

なにかイベントをきっかけにEH200をEH10塗装してファンに・・・、
などと妄想しましたが、無理ですね。
明るい塗装が主流の現代では受け入れられないでしょうね。
子供の頃、EH10の真っ黒な塗装のあの車体が不気味でなりませんでした。
by べる (2008-11-27 20:16) 

じろっち

エバーグリーンは台湾の会社ですね。
サンリオのライセンスを持っているので、キティちゃんの機体が有るんですよ。
by じろっち (2008-11-27 21:33) 

む〜さん

■ べる様: JRは、最近、EH500とか、EH200とか、強力機関車をデビューさせていますね。
 8軸駆動の強力機関車EH10は、私が高校生の頃の1954年のデビューでした。最初の4両は、連結面にパンタを置き、凹んだ前面窓とともに、なかなかのスタイルでありました。貨車といえば真っ黒の時代でしたから、機関車が黒でも何とも思いませんでした。黄色の帯のアクセントが素敵でした。
 EH10の画像を追加して置きました。
■ じろっち様: エバーグリーンは台湾ですか・・・・米軍のチャーター便で横田へ来たのでしょう。キティーちゃんのラッピングなんて、可愛いんでしょうね。
by む〜さん (2008-11-27 21:45) 

じろっち

首都圏では裏方的な存在のディーゼル機関車は、新車の投入が遅いですね。
そろそろ入れ替え・甲種回送牽引機の交代が必要と思いますが。
DE100とかなるのかな?
by じろっち (2008-11-28 05:00) 

デトニ2300

EH10は登場時マンモス機関車と呼ばれていましたね。それまでの先台車付きのどことなく古めかしい電機に比べて台車だけの近代的な足回りは気になる存在でしたが、車体はどうもいただけないし黒塗りも不気味でした。EH10をベースの旅客用EH50も計画されたと雑誌で読んだような気がします。いまのEH群はデザインもパワーも桁違いで時代の流れを感じます。
by デトニ2300 (2008-11-28 13:12) 

む〜さん

■ じろっち様: 首都圏でもディーゼル機関車は入替機は必要ですが、1966~1978年にかけて製造されたDE10もそろそろ入替の時期なのでしょう。最新でも30年か・・・・早いものです。
 この日の八王子駅構内にDE10が一両、休んで居りました。GoogleのStreetViewで眺めると、オイルターミナルには架線は見えません(当然ながら)ので、このED10が出し入れするのでしょう。
 八王子から、長津田まで、東急の新車を搬入して来るのもDE10ですし・・・・。
■ デトニ2300様: そうですね、1,200屯(これで、良かったかなあ?)牽引のマンモスと呼ばれました。厳つい四角の箱型で、品鶴線では、オレンジ帯の急行貨物とか、一般の貨物列車を引いて、しばしば見かけたものです。品鶴線の主力機関車、EF12、EF13、EF15を見慣れていましたので、非常に頼もしく感じたものです。
高速試験車が居たり、試験的に茶色や紺色のも有った気がします。
そのころ、東海道の高速線の構想が一般科学雑誌(たしか、ポピュラーサイエンスの二代目)に出てまして、EH電気機関車が客車を引くというものでした。仮想試乗記も乗っていて、けっこう楽しく読んだ記憶も有ります。
by む〜さん (2008-11-28 13:20) 

べる

EH10の貴重な画像をありがとうございます。
登場から5年後、ほぼ原型の姿なんでしょうね。
スカートまで黒に見える・・・いえ、ほぼ正面から光が当たっていて
この色調なのでこの頃は車体と同色だったのでしょうか?
美形の大スターではないものの印象深い個性的脇役、
役者で言えば夏八木勲さんみたいな方を連想しました。

特徴有る姿が気にかかり思わず模型を衝動買いした機関車でした。

ヘッドマーク取り付け金具が見えますがEH200だと完全に無いですね。

by べる (2008-11-28 20:41) 

む〜さん

■ べる様: スキャンした原データが見当たらないのでHPの写真をそのまま出しました。
スカートの色は、はっきりとした記憶がありません。一枚、カラー写真を追加しました。撮影はたしか1960年で、場所は東急池上線御嶽山駅付近です。

また、遠景ですが・・・・・。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link154c.html

EH10は日常的に見ていましたんで、意外と写真を撮っていません。今頃反省して、小田急とか、世田谷線とか、スナップを撮っていますが、時すでに遅く・・・・・嗚呼!

by む〜さん (2008-11-28 21:12) 

じろっち

今日は出張で相模線に乗りました。
海老名駅には今では珍しくなったホーム端トイレがありましたよ。
水飲み場も有ったのにはびっくりです。
さすがに石の流し台ではなかったけど。
まだ昔の鉄道風情が残る相模線ですが、社家駅付近は圏央道の工事で凄い風景になっていますよ。
その一方、新幹線駅設置の話のある倉見駅は、駅が接地されるにしても10年以上先の話なので、のどかなままです。
by じろっち (2008-11-28 21:57) 

む〜さん

■ じろっち様: 海老名駅は小田急側ばっかりで相模線では下車した事がありません。何と言っても、ここの相模線~小田急の乗り換えは不便極まりないですね。せめて、あの長い(250mほど)跨道橋に簡単なものでいいので、屋根が欲しいです。
社家駅のコンクリートの駅舎と、便所棟は、大切に、使い続けて欲しいものです。この辺りの道路工事もエライことですね。
by む〜さん (2008-11-28 22:13) 

鈴木光太郎

お早うございます。
http://www.mocpages.com/image_zoom.php?mocid=30720&id=/user_brickshelf_resized/gallery/tompaul43/TPs8widetrains/GELoco/virginian__ge_el-2b.jpg
↑は米国Virginian鉄道の1945年製石炭輸送用電気機関車、BBBB+BBBB(2車体)です。世界最強電気機関車とも言われてます。
EH10の色合に影響を与えたんじゃないかと思うのですが、そう思うのは私だけらしいです。
by 鈴木光太郎 (2008-11-29 05:28) 

じろっち

海老名駅はただ今、大規模に改修中です。
理由はバリアフリー設備の設置です。
たしかに駅南部エリアは、ビナウォークの存在でも分かるように、子育て世代の住民が多いんですよね。
しかし、駅に階段しか無い通路が多い・・・
住民からの意見で対応したようです。
JR駅にも完成予想イラストが有ったので、通路に屋根が付く可能性は有りそうです。
改札機は、通常のものになっていましたよ。
JR側は住居が少ないので、利用が少なく見えますが、駅直近に大きな会社が有るので、通勤時間帯は、そこそこ混むようですよ。
今では運行が激減した相鉄貨物線は、立派な造りでした。
相鉄イベントの時にでも厚木~柏台で走行させれば良いのにな、と思いました。
厚木にも相鉄車庫が有るんですねえ。
by じろっち (2008-11-29 05:41) 

む〜さん

■ 鈴木光太郎様: ご記入頂いたURLで Virginian Railroad のEL-2B(GE)見ました。私が中学~高校生の鉄道&ラジオ少年だったころの米国ディーゼル機関車の姿に懐かしさを覚え、一つの車体に四つの2軸イコライザ台車を並べ、それが二車体。まあ、凄い迫力。車体色は黒に黄(金?)のストライプ。確かに、EH10のお父さんかもしれません。
■ じろっち様: 連絡橋の屋根は計画に入っている様で安心しました。小田急が厚木に急行を停車させない限り、海老名の傘無し乗換は必須ですね。海老名~厚木の広大な田圃も、やがては住宅地、会社などでぎっしり埋まるのでしょう。もう、その兆しは現れて居りますね。JRの厚木駅に並んで、相鉄の留置線がかなり有りますね。昔は、廃車になったような、多分、砂利運送だったと思われる貨車が並んでいた記憶があります。
by む〜さん (2008-11-29 05:58) 

青木一郎

EH10、懐かしかったです。スカート色はグレーでしたね(昭和43年頃の記憶ですが)
このモノクロの写真では確かにボーディーと同色に見えますが光線の状態からでしょうか。
しかし、カラーフィルムのASA10、には驚きました。シャッターは1/125位で使いたいでしょうから、そうなると絞りは3.5あたり?そのうえ、ハーフ版からとのこと。ナンバーも読めますし、とても鮮明に出ております。退色も気にならず、きれいです。フィルム感度が低い頃、限られた条件の中での写真ですので貴重なワンシーンと思いました。
私はASA64の頃からですが当時まだまだ高価なカラーは使えませんでした。
by 青木一郎 (2008-11-29 15:44) 

む〜さん

■ 青木一郎様: 光線状態の問題か、たまたま特例的な黒スカートなのか、よく判りません。こんど、ネガを見てみましょう。ただ、黒く塗ってしまうと、入替時など、従業員さんが飛び乗り損ねる事故につながりかねませんので、黒は無かったのではないかとも、思われます。
昭和30年代中ごろのカラーポジフィルムは、富士、サクラともに、ASA10(今のISO)でした。フジの色の保存性はかなり良く、驚きです。ただ、学生時代は高くって中々買えませんでした。その分、白黒フィルムを買いました。社会人になっても、期限切れフィルムを安く買うなどしましたが、これは、結局、色の記録としては失敗でした。また、フィルムコスト削減と、オリンパスペンで撮ってましたが、これも、アダになっています。
by む〜さん (2008-11-29 18:58) 

昭ちゃん

むーさん、ご無沙汰してます。
ひょっとして、写真(1)のEH200-13と、(12)のEH200-13って、運転席扉の後にどちらも「2」(第2エンド)と書いてあるので、同じ車体と思いますがいかがでしょうか。

by 昭ちゃん (2008-12-03 21:48) 

む〜さん

■ 昭ちゃん様: その通りです。12時ごろ、横浜線で私が八王子に着いたとき、(1)の写真の通り、機関庫で休んで居たEH200-13は、13時30分、何処かに居たEF65を連れて、写真(11)の場所に移動してきたのです。
 いざ、出動って訳だったのでしょう。
by む〜さん (2008-12-03 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0