So-net無料ブログ作成

のどかな眺め:1964年 [昔写真国鉄]

coffee.gif 目茶、暑い日が続き、愈々、エアコン必要な「夏」になったなあと思っていましたら、今度は雨続き・・・・まるで梅雨。どうにもお天気が安定しません。水の災害も聞こえて来て、益々、天候不順を感じますね。

 皆様、昨日の日蝕は見ることが出来ましたでしょうか?私は、数秒だけですが、11時過ぎに、薄くなった雲の向こうに、見る事が出来ました。実にラッキーな事です。

 お話は、がらりと変わります。
 昨日の花・・・・・と、いってもウチの花ではなくって、お隣の家の花です。綺麗でしょう??あんまり可愛いので撮っちゃいました。
 朝顔です。私の好きな、繁殖力の強い、花が沢山着くタイプ。何と言う品種かは知りませんが、幼い日、お隣の家と、私の家の間の垣根に繁っていた、真っ赤な花の朝顔に似ている。

(い) 色違いですが、勿論、株は違います。
01-090722asagao001.jpg

(ろ) もう一輪、サイドから・・・・・・。
02-090722asagai002.jpg

(は) オマケです。花ではありませんが、これも可愛くって好き。フウセンカズラの実。バックの葉っぱは、朝顔。フウセンカズラの葉は、右上隅にちょっぴり・・・・。
03-090722fuusen001.jpg

 季節のお話はこの位にしまして、本題に入りましょう。


icon_mukashibanashi.gif
pencil-blue.gif 古い二駒のネガから、またも、部分拡大の水増し画像(笑)。

■■■ のどかな眺め 1964年 ■■■

 1964年・昭和39年12月、所用で、土佐の高知市に行ったのです。往路が飛行機。羽田から徳島経由で高知まで、プロペラ機でしたが、機種は分かりません。YS-11の就航前で、双発の小さな機体だった気がします。帰りは汽車でした。写真は殆ど撮っておりません。お目出度い用事ではなかったので、写真を撮るどころではなかったのです。駅で、スナップを一寸、撮ってありました。それが、この写真。 

(1) 国鉄土讃線高知駅・・・・・いや~、のどかなものですね!!
 駅の跨線橋の上から高松側を見ています。架線の無い駅は空が広いですね。蒸気機関車が、客車の入れ替え中。バックの町の家々も、高い建物も見えず、いかにも昭和中期の景色です。 
04-6412kouchi01.jpg

(2) 高松方面を見ています。踏み切りにかかる三本の線路。一番右が本線です。この頃は、まだ、通票閉塞だったらしく、腕木式信号機が優雅な姿で立っています。
05-6412kouchi01.jpg

(3) 入れ替え中の機関車は8620でした。
06-6412kouchi01.jpg

(4) 係員の詰め所。水道の蛇口の下にあるのは、ブリキのバケツでしょう。ポリバケツでは無さそうです。
07-6412kouchi01.jpg

(5) 客車が居ました。オハフ30形。17mの二重屋根。二組の向かい合わせ席に、三枚の窓。見るだけなら可愛らしい客車で、私は好き。でも、乗るとなると、スハ32、オハ35の方が好きでした。
08-6412kouchi02.jpg

(6) そのオハ60が居ます。
09-6412kouchi02.jpg

(7) オハフ30 64ですが、サイドを良く見れば、かなり痛みも進行しています。サボは何処行でしょうね?窪川行かしら?高知行とは読めそうもありません。
10-6412kouchi02.jpg

coffee.gif 以上で、今日のブログは終了です。また、次回お会いしましょう。


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 9

mymeな大家

こんにちは。
朝顔の青、群青かしら?きれいですねぇ。
日食、仕事の合間に私も数秒間ですが、見ることが出来ました。
頭の中で分かっていても、実物は迫力が違いますね、感動してしまいました。
高知駅、架線がないとすっきりですね!最近、道路の電柱を知花に埋めるところが少しずつ増えているような気がしますが、あれもすっきりしていいです。
線路が細いです。確か列車の通過本数で大きさが決まっていたように思うのですがいかがでしょう。
では、失礼します。
by mymeな大家 (2009-07-23 23:27) 

ファジー

このオハフ30は、ダブルルーフの採光窓がなんだかふさがっているような?汚れているのでしょうか?
サイドの傷みとともに気になりました。

しかしながら、オハ60とともに、今あれば、感涙モノだと思ってしまいます。
by ファジー (2009-07-23 23:41) 

む〜さん

■■mymeな大家様:いい色でしょう?花の色は絵の具の色と違って光が当たると輝きますね。
 非電化区間の空の広さは堪らない魅力があります。現在も複線非電化の関東鉄道、なかなか魅力的です。
 高知駅は、この頃のコンクリート二階建ての駅本屋とともに全て消失し、高架化され、大きな屋根に覆われた近代的な駅に生まれかわったそうです。駅前の路面電車の停留所も駅と直結したそうです。写真は見ていますが、実際に行ってみたいものです。
 送電・通信線の地下化は、都市の美化に直結し、推進したいのですが、費用が大変ですね。しかも、地震水害のときなどの復旧に時間が掛かりそうです。地震国日本で地下化が進まないのも、その辺が引っかかっていると思うのです。当然、住民負担はおおきくなり、その辺のコンセンサスを取るのが大変そうですね。欧州などの電線の見えない都市は、如何なのでしょうね。
■■ファジー様:このオハフ30・・・・だいぶ草臥れていますね。1927~9年の製造だそうで、この時点でも製造後40年近く経過しています。C11のバック運転でオハ31、オハフ30を2~3両牽いてたら絵になりますね。
 ダブルルーフの三等車の保存車ってあるのかしら・・・・・・。
by む〜さん (2009-07-24 05:22) 

うたに

うわ~。昔はこういう客車で山越えしていたんですか。。今は振り子気動車ですものね。
高知から土佐くろしお鉄道の気動車に乗ったことを思い出すなぁ~。
by うたに (2009-07-24 12:41) 

なにわ

もうこの当時ですからDC-3ではなかったのではないでしょうか。当時の時刻表に使用機材がのっているでしょうけれど、コンベア240あたりでしょうか。

DC-4,6,7はいずれも四発機です。

もうこの時期には31系の廃車が始まっています。四国は気道車化が早かったのでよく残っていたものです。シートピッチも60系と同じ(60系が30系、いや木造客車に合わせたのですが)で32系や35系に比べて狭かったですし。
入れ替え中の客車は郵便車ですが、東京直通なの代替わりしながら80年代まで残っていました。


by なにわ (2009-07-24 13:59) 

む〜さん

■■うたに様:川上幸義著・新日本鉄道史によると、土讃線は須崎から北へ、多度津から南へ建設され。全通が昭和10年11月なのだそうです。当時は、2120等の小型タンクや、8620が、木造ボギー車や雑形客車を牽いていたそうです。昭和12年、「鋼せい7m客車」が入ったとあるので、これが、オハ31系なのでしょう。昭和17年には20m鋼製車が入ったとの事。100を越す隧道、25パーミルの急勾配、四国山脈越えは。大仕事でした。汽車から降りたら、もう真っ黒け(笑)。今になれば、懐かしい思い出ですが、当時は、「勘弁して~っ!」って感じでした。
 今では、振子のキハ2000が80km位で、どんどん登っちゃう。隔世の感があります。
■■なにわ様:そうですね、DC-3でなかったことは間違いなく、(惜しい気もしますが)、多分、コンベアだったと思われます。飛行中、機体が、盛んに軋んでおり、ちょっと怖かったです。スチュアデスさんから、飴を貰いましたが、包み紙が赤緑黄の三種・・・・信号の色・・・・をとったことを覚えています。
 この荷物車風のは、郵便車でしたか・・・・・。
by む〜さん (2009-07-24 20:39) 

HIROOUJI

土讃線好きですよ。
四国も仕事で予讃線は宇和島まで、行ったところも観音寺、伊予三島、松山、宇和島と沿線を嘗め尽くしてるのに、土讃線だけは琴平どまりで高知・徳島県のみ足を踏み入れたことがなかったです。
僕は何とか天下の難所、大歩危、小歩危を通って南国高知に行きたかったのですが、叶わずそれでテイチクDVD高知ー岡山間2本を買ってみていますが、難所ですね、しかし景色がよく2時間の映像でいった気持ちに慣れます。

昔は四国に入ると本州で使い古したオハフ30とかありましたがいまの高松駅のホームにはJR四国の新鋭車両があってすごいですね
So-net気にはなるのですが。
by HIROOUJI (2009-07-25 12:53) 

む〜さん

■■HIROOUJI様:戦後、土讃線は地すべりで路線変更したりしましたので、私の記憶の中の駅が無かったりしています。吉野川流域のを行く夜汽車の窓から、遥か高いところに人里でもあるのか小さく明かりが見えたりすると、旅だなあと思ったものです。なにしろトンネルだらけなので、子供の私は、専ら窓の開閉係でした。木造の客車のときなど、落とし窓なので往生しました(笑)。8620だったか、C58だったか覚えていませんが、なにしろ千分の25、その登坂速度の遅いこと。それが、如何でしょう!アンパンマンのキハ2000の特急は、凄い速さで走り抜けるのです。岡山~高知は高速バスもありますが、こっちは長大トンネルの連続で、面白くありません。やっぱり、汽車ですね!
by む〜さん (2009-07-25 17:03) 

ファジー

おはようございます

>ダブルルーフの三等車の保存車・・・てっぱくに津軽鉄道のオハ31が保存されていました。
by ファジー (2009-07-27 09:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0