So-net無料ブログ作成

#344:東武野田線大宮駅で [お出かけ通信301~350]

icon-odekake.gif
pencil-blue.gif 2009年10月10日・土曜日、前回のブログに書きました様に、JR大宮駅から埼玉新都市交通・ニューシャトルで一駅、鉄道博物館に行ったのですが、そのついでに、大宮駅の東端にある東武鉄道野田線の大宮駅を見てきましたので、今回は、そのときの写真を少々。

■■■ お出かけ通信(344) ■■■

■■■ 東武野田線大宮駅で ■■■

(1) 入場券を買いまして、自動改札機を通ります。薄暗い場所で手持ちで撮影したので、ブレてしまいました。フォトショップでシャープネスを掛けても、こんな程度。
01-091010ode.jpg

(2) ホームに入ります。8000がホームに居ました。いまや、野田線は、この形の電車しか居ないと思っていましたら、旧型車体の8000もラッシュ時には何本か居るらしい。
02-091010ode.jpg

(3) ホームの眺めです。電車は6両編成。
03-091010ode.jpg

(4) 流石は野田線沿線、人形で知られる岩槻駅があるので、こんな広告が柱につけられています。2番線に電車が到着します。
04-091010ode.jpg

(5) ホームの先端で、電車を見送りました。
05-091010ode.jpg

(6) 大きなトラス橋は県道20号線の大栄橋。向こうの線路は大宮の工場側線のようです。京浜東北の209がどんどんE233に置き換えられていますが、その209の様です。どういう行き先が待っているのか気になります。
06-091010ode.jpg

(7) 8000系8118のお顔のクロースアップでお終いと致しましょう。
07-091010ode.jpg

pencil-blue.gif 同じ、東武の大宮駅ですが、昭和29年・1954年3月に写した写真がありますので、ご覧下さい。55年経っているとは言え、まあ、なんという変わり様でしょう!

(8) たいした勾配もない野田線、Mc-T-Tcの電車です。Mcはモハ3254です。行き先は船橋。
08-5403omiya-tobu3254.jpg

(9) 上の写真の電車の先のほうに小さく写っている腕木式の出発信号機です。各地にあんなに沢山あった腕木式信号機も、ほぼ無くなりました。
09-5403omiya-tobusignal.jpg

pencil-blue.gif 野田線といえば、江戸川に架かる鉄橋を渡る電車の眺めが素晴らしいと思っています。英国電気製の電気機関車が、木造の有蓋車ワなにがしや、トの何番なんて引きまして、一番後ろに可愛いワフをつけて渡るのを見てみたかったです。蒸気機関車だったら尚よかったですけれど・・・・・・。
 江戸川橋梁は、南桜井駅から1.5kmほど歩いてゆきますが、2~3年前に行った様な気がして、データを探してみましたら、なんと2000年の12月5日でした。いや、全く年月の流れるのは早い。

(10) 実にすっきりした鉄橋ですね。電車の形式は、当時、8000と5000が居ましたがどちらか判りません。6連でパンタが、こちらから見て、2両目に1挺、5両目に2挺付いて居ります。たぶん、8000なのでしょう。
 130万画素のディジタルカメラ、オリンパス830Lで撮影した画像で、何と無く甘いです。川原のススキが枯れた頃、また行ってみたいと思っています。カメラが、多少は良くなってますので、もうすこし綺麗な写真が撮れそうです。
10-091010ode-001205edogawa.jpg

coffee.gif 今日のブログは、この辺でオシマイです。又、次回!!!


タグ:東武
nice!(5)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 24

mymeな大家

こんにちは。
東武の8000は皆この顔になっているのかと思っていたのですが、少し残っているようで安心しました。6000も縦長窓ですものね。
3両編成で電動車が1両とは・・・電動機の出力が大きいのでしょうか。ローカル線で急な加速も必要なく勾配もないのでしたら、問題ないのでしょうね。電動車が少ない編成はあまり聞いたことがないので、ちょっとびっくりしました。
では、失礼します。
by mymeな大家 (2009-10-16 08:34) 

む〜さん

■■ mymeな大家様:
 昼間は春日部に留置されていると聞きましたが、その話を聞いてから大分経っています。現在の様子は??です。あんまり好きなお顔ではなかったのですが、希少となると、なんだか寂しく感じますね。
 電動車一両でトレーラーを2両牽く姿は東上線でも見られました。2M-Tとか、M-Tの編成を見慣れた私には、物珍しく感じられたものです。お父さん、頑張ってるなあって感じでしたね。
 もっとも、外国では、電車だか、機関車だか分からないような電動車もあります。
by む〜さん (2009-10-16 09:29) 

TH

大宮-船橋間は当時どれ位の所要時間だったのでしょう?
1M2Tの編成は東武の戦前型のお家芸?ですね。
お写真の3200は運輸省規格型の戦後生まれですけど・・・中間のサハは木造客車鋼体化グループ、後部のクハは3扉ですね・・・切り欠きも無いのでデハ3汽車会社製のなれの果てのクハ220か、それとも総武鉄道引継車か・・・私は前者のような気がするのですが。

むーさん様が撮影された前年の夏に川越線経由で東上線から船橋までフライング東上号用の5310系を使用した海水浴列車が走ってますので腕木信号の先にあると思われる国鉄との連絡線から野田線に入線したのでしょうね。

江戸川鉄橋は私も撮影に行ったことがあります。
1997年、当然ながらカメラは銀塩でリバーサルフィルムでした。
以来、ご無沙汰のうちに5000系は全廃となり8000系も修繕スタイルばかりとなってしまいました。
by TH (2009-10-16 10:03) 

Cedar  

1M2T~東武の関東古武士たちが車体に較べて大柄な台車を履いていたのは客車改造サハ+クハの3連を前提にモーター出力を決めたからだそうですね。西武池袋線にもMTTTTMの6連がありましたがコレは通勤輸送用でした。高価な電動車をなるべく少なくして車輌数の増加を図ったのでしょう、蒸気鉄道から発達した電鉄らしい考えですね。

個人的には電車は高加速高減速のパンタを連ねたのが好みですが、最近歳のせいか(笑)東武の旧型も好きになってきました。


by Cedar   (2009-10-16 18:31) 

む〜さん

■■ TH様:
 大宮~船橋間の所要時間はわかりませんが、なにしろオール単線ですから、想像も出来ませんが、現在、一時間30分ほどのようです。
 私は東武の電車の形式等、詳しくないので、この列車の形式はよく判りません。カッコいいとは言えませんが、こんなデコボコ編成も、如何にも東武!!って感じで良いものですね。
 フライング東上号の船橋海水浴は、川越線内は蒸気機関車牽引だったのでしょうか・・・・。なんだか、夢がありますね。東上線から秩父鉄道経由で日光なんてのも有ったやに聞いて居ります。
 5000が野田線から消える前、孫を何度か乗せて、この音を覚えるように言ったんですが、興味もない年頃だったので、キョトンとしとりました。無理もありませんね(笑)。
■■ Cedar様:
 台車の大きさと電動機出力・・・・成る程、そう言う事もあったかもしれませんね。戦後、20年代ころは、欲しくても電車が作れないって世の中でしたから・・・・・。
 そうですね、東武の昔の電車は、スマートではないかも知れませんが、味がありますね。私も好きです。特に、モハ3210など・・・・・。
by む〜さん (2009-10-16 20:48) 

なにわ

野田線は柏~運河しか乗ったことがありません。おまけに受験に行っているので、とても撮影なんて・・・。
その年の夏に「写ルンです」が発売されたので、そういうケースでは撮っていたかもしれません。

さて東武の32系のモーターはDK-31、原型ならば端子電圧750Vで90kw、改良型のDK-31Bならば97kwでした。
一方、西武の501系(戦前にあるから二代目ですね、三代目は701の電装車でした)の場合は、MT-30を使用していましたが、こちらは675Vで128kw、ということは750Vなら140kwですから、勾配もない関東平野をゆっくり加速して走っていたのでしょう。
by なにわ (2009-10-16 21:19) 

HIROOUJI

こんばんは
東武野田線といえば以前松戸に住んでいたとき盛んに利用したものですが、一度も大宮ー東武舟橋まで通して乗車したことはありません。
たいてい松戸から大宮方面、船橋方面に分けて乗車していました。
東武の中で、地味なローカル線で5000形といってこの野田線だけにつりかけ式電車が七光台車両基地に集まっていました。
写真の8000形はつりかけ式が残ってるのでしょうか。

ところで久しぶりに飛行機が見たくなって先日、横浜から12輌編成、後部4輌が川崎で羽田空港に直通、800形で3扉簡易リクライニングシートで快適でした。

花田空港は地域拠点空港として24時間発着離陸空港として国際空港化を進めようとしていますね。
その必要性は羽田対成田でなく、韓国仁川空港、香港、シンガポールに対抗してだそうですね。
それにしても飛行機の離発着分単位でびっくりしました
ブログに載せていますのでお暇なときにどうぞ。
by HIROOUJI (2009-10-16 21:52) 

じろっち

野田線は1回だけ梅郷まで乗ったことがあります。
おおかた田舎風情ですが、TXとの乗換駅だけは凄いですね。
全区間乗車は、すごく時間が掛かりそうなので、暇な時に実行するのが良いでしょう。

私は今、ガミ線が気になっているので、とりあえず、かつては北口改札抜けたらガミ線のホームだった茅ヶ崎駅を探索しようと思っています。
ホームはそのままなので、旧駅舎とくっついていた箇所がどうなっているのか興味があります。
(旧駅舎時代は、ガミ線ホームを歩いて、東海道線ホームへのこ線橋に行ったんですよねえ。 ガミ線の排気ガス臭も懐かしいです。)

今日は久しぶりに根岸線209系に乗りましたが、ずいぶん少なくなったようです。(今年中に引退とか聞きます)
6ドア車は止めるのかなあ?

転属も有るようですが、要求量がそんなに多くないだろうから、JR他社・民鉄から発注が無ければ解体リサイクルでしょうね。
根岸線沿線の学校や公園に引き取られる先頭車は有るのかなあ?

そうそう、今日、大船の横須賀線田園踏切の手前に、旧横須賀貨物線の遺構が有るのを発見しました!
(そばに小川とプレハブ倉庫があるので、分かり易いです)
大船~藤沢にあった平面クロスの線路だったヤツです。
横須賀線から旅客エリアを通らずに東海道線に渡る線路回しだったんですよ!

by じろっち (2009-10-16 22:21) 

G20

小田急電鉄ファミリー鉄道展、お出かけになられましたら、レポートを、お願いします。
by G20 (2009-10-16 22:38) 

む〜さん

■■ なにわ様:
 柏~運河は複線化されて居りますが、その先は未だ単線区間があります。江戸川と利根川を結ぶ運河の存在を知らずに鉄橋の上から丘陵を開削して作られた、水路を見たとき、結構感動したものです。50年ほど昔の話です。野田市駅はお醤油の香りがしました。いまは、製造法が変わったようで、街歩きをしても(高い建築物のない落ち着いた街です)、匂いを余り感じません。キッコーマン社の構内には昔のお醤油ヤードの跡地が、明らかに鉄路の存在を感じさせる空き地になっています。(もっとも、そのあたりは数年、ご無沙汰ですが)。
 東武の電動車のモーター規格のデータ、有難う御座いました。
■■ HIROOUJI様:
 私も、大宮~柏~鎌ヶ谷間を乗っていますが、鎌ヶ谷~船橋間が未乗です。何と無く、乗りに行って居りません。
 羽田空港、だいぶご無沙汰です。デハ600は3扉クロスシートで、いかにも京浜急行って電車で好きな形式ですが、最近、ロングシート化工事を行っているようです。
 蒲田駅の高架・改良工事が終われば、横浜方面からの空港アクセスも、さらに便利になりますね。新年の箱根マラソンの踏切風景も見られなくなりますね。
 羽田のラッシュアワーは、滑走路の延長線上に、降りてくる飛行機が何機も連なって壮観ですね。私は空港見物のときは、大抵、双眼鏡持参なのです。
■■ じろっち様:
 流山おおたかの森駅ですね。付近には大きなショッピング施設のビルや、マンションがにょきにょき立ち上がっています。付近の森も段々なくなり、あの辺の、梨畑も無くなって行くのでしょう。
 京浜東北の209は減ったようですね。以前、待っても待っても来なかったE233,最近はじゃんじゃん来ますものね。完全に入れ替わるのも、大して時間は掛からないようです。長い年月使わないように設計されたと聞く209、まだまだ転出先で頑張ると聞きましたが、大丈夫なんでしょうか?少々、気になります。
 大船の『平面交差』の通過音は記憶に残っています。無くなって何年になるのでしょう・・・・・・。
■■ G20様:
 実は・・・・地元の小田急海老名のイベントなんですが、混雑するとの風評にビビってしまって、毎年、敬遠しちゃっています。ご期待にそえず、ごめんなさい。
by む〜さん (2009-10-16 22:43) 

津沢

む~さん様
鉄博と周辺、それなりに楽しまれたようで何よりです

東武野田線は、家族・親戚宅に行くのにほぼ毎週末利用しています。全部8000系で車輌的な面白みは少ないのですが、初期車は室内蛍光灯の数が少なく昭和の味わいがあります。古くとも一応高性能車で、線路も整備された現在、走りっぷりはスマートになりました。六実~高柳付近は単線区間が続き、駅の風情にも昔の面影が残っています。

> 1M2T
近鉄名古屋線の1810系(だったか)がこの編成でした。
現在はJR北海道の721系・731系、JR九州の813系が1M2Tです。前者のモータ出力は230kWで、特急と互角に走ってます。
スイス・レーティシュ鉄道ベルニナ線では、2M8Tの編成で70パーミル連続勾配を踏破しています。急カーブだらけでスピードは出せませんが。
機関車並の力持ち電車の警笛音が、昔の碓氷峠ED42のそれに似ているように思いました(ただし記憶はアイマイ)。カナ表記で「ピョ~ッ」という感じです。

> 209系
設計寿命が短いので、いずれにせよ他形式に比べて引退は早いのでしょう。ただ外盤の歪みから誤解されがちですが、初期車の引退は車体ではなく電装品の老化によるもの、と聞いたことがあります。



by 津沢 (2009-10-17 00:31) 

TH

海水浴列車は川越-大宮間は川越線用の9600形蒸気機関車が牽引に当たったようです。
大宮では宇都宮・高崎方面の線路をまたいで野田線にたどり着いたのだと思います。
東武博物館館長の花上嘉成氏の記事に依りますが海水浴列車は昭和26~28年の3年間運転されたそうで、CPの空気圧低下などが起きたとの事。
電気が通っていない状態でお客を乗せて走るというのも改めて凄い話です。(電源車など当然繋げなかったでしょうし)
花上氏の記事にも船橋までの所要時間は書かれていなかったのですが昭和26年の武蔵嵐山-川越・野田線経由-東武日光間の紅葉見物の列車のダイヤは書かれていました。
武蔵嵐山20:04発-東武日光00:40着で朝まで車内で仮眠して紅葉見物に向かったそうです。
夜行列車という事もあるのでしょうが約4時間30分・・・以外と速いなと思いました。
by TH (2009-10-17 01:14) 

じろっち

JR東は長野にリサイクル工場を持っているようで、車両そのものは不要という車両はみな長野に行くようです。

209系は電装系の故障が多かったようなので、引退が早いんでしょうね。(集電不良か?)
だから、立ち往生が発生すると困る路線に新規に投入される車両には、補助パンタが搭載されています。
それでも止まってしまった時の対策として、降車階段が搭載されています。(車両展示の時も使えますね)

東武は縁が無いですねえ。
何度か松原団地に行った以外は、練馬に1回・梅郷に1回だけです。
湘南日光ラインでも出来れば話は別なんでしょうが。

腕木式信号は、茅ヶ崎駅の相模線ホームの北茅ヶ崎寄りに保存されていますよ。
遠めに見物することしかできないとのことですが。

相模線ホームは4両が余裕で止まれる長さですが、自家用車が高嶺の花だった頃は、6・8両とかで走っていたんですかねえ?

205系の非常扉に見える部分はデザイン上のもので、開閉機能は無いそうです。
考えてみれば、トンネルさえ無い路線ですからねえ。
なぜ専用デザインとしたんでしょうね。
個人的にはE233系のバリエーション展開として、ローカル線仕様を作り、ガミ線で実証実験すべきだと思います。
問題が無ければ、横須賀線の逗子~久里浜でも使えるでしょう。
横須賀線には101系の横須賀線区内専用列車を投入する計画があったとか。
実行されなかった理由は、留置線の少なさでしょうか。
今の東戸塚が原野だった頃、この地に横須賀線の車両基地を作っていたら、実現していたかもしれませんね。
by じろっち (2009-10-17 06:21) 

なにわ

>1M2T
681系、683系、さらに登場時の207系、223系にもありました。

>津沢さん
話が長くなってきますので、むーさんのBBS
http://6923.teacup.com/mcdmu3/bbs
に話を移しませんか。
電装品の話、いろいろ長くなりそうなので。

>じろっちさん
京浜線の209系は残り8本になりました。
もっとも78本中、68本が何らかの形で他線転出、この中にはドア開閉システムの異なる初期の先頭車も含まれています。
あと、玉突きで南武線の初期車が一本廃車になります。
by なにわ (2009-10-17 18:14) 

じろっち

京浜東北の209系は残り8編成ですか。
この8編成が引退したら、6扉車は止めるんですかね?

朝は5~7号車に乗ることが多いので、6号車の扱いが気になります。

私は扉の数を増やすことより、ドア付近に立席乗客が滞留しにくい客室構造にする方が乗降がスムーズになると思います。
(端席の防風板?の廃止又は嵩下げで、寄りかかれないようにする)
ドア開閉を半自動にして、ドアボタンがわき腹に当たるようにするのも良いかもしれません。(本郷台・山手では乗降が無いドアがあります)

イーグルスが第2ステージに進出しましたね。
おそらく仙台は盛り上がっているでしょう。
札幌行きの貸切列車・臨時列車が出るかもしれませんよ!
by じろっち (2009-10-17 22:45) 

Cedar

川越線経由の海水浴列車(電車)って大胆な企画ですね。
秩父鉄道経由なら自走でいけるけれど、あまりに大回りになるから採用しなかったのでしょうか?
東武におけるSLの電車牽引は、佐野線を走った「さよなら蒸気記念列車」があります。館林~葛生間をピーコックかネルソンかが4両の32系電車を牽いて走り、途中駅での撮影停車や、葛生のターンテーブル上での撮影タイムなど、サービス満点な列車でした。
僕と父は生粋の電車派だったのですが、なぜかこのイベントには参加したのでした。
by Cedar (2009-10-17 22:58) 

hirorail2010

む~さま
長い間ご心配をおかけしましたが、So-netブログただいま復旧しました
以前にも増してどうかよろしくお願いいたします。
写真が暗めですが、最近は母の用件をした後で出かけるので夕方になります

復旧1号のブログは羽田空港と京急です。お暇なときにどうぞご覧ください
by hirorail2010 (2009-10-17 23:28) 

manamana

野田線というと、ツリカケ式の3000代の電車で、
単線ののどかな風景を行ったことを思い出します。
今では、複線化も進んで、立派な(?)通勤路線に
なっているのでしょうね。
by manamana (2009-10-18 07:53) 

jirochar

腕木式信号機が現役で働いているのは見た事ありません。
野田線のカラーは小田急みたいですね。
by jirochar (2009-10-18 08:14) 

うたに

東武野田線、つりかけ5070系に乗るために、子供と一緒によく出かけたなぁ。。
8000系初期顔は8104Fが野田線にいましたが、確か廃車になったかと思います。
初期顔の8000系は、野田線にまだ残っているのかな。。
by うたに (2009-10-18 14:37) 

じろっち

今日の夕方に、芸能人が嵐電で旅をするという番組があったので、視ていました。

嵐電は路線規模は大きくありませんが、終点駅が3つあるうえに、終点駅がいわゆる“関西私鉄”仕様なので、関東の私鉄とは雰囲気が違いますね。

江ノ電藤沢駅は、商業ビル構内にある終点駅なので、関西私鉄仕様なのかもしれませんね。
by じろっち (2009-10-18 21:53) 

む〜さん

■■ 津沢様:
 東武野田線は未乗区間の船橋から今度は利用してみようと思っています。8000もよくよく見れば細部に面白味もありそうですし、カッコ良いミンデン台車の乗り心地も悪くなく、暫く楽しませてもらおうと思っています。
 近鉄名古屋線は、ここしばらくご無沙汰しています。いつも特急で通り抜けるだけですが、名古屋のターミナルは大変、気に入って居ります。
 スイスのメーターゲージの鉄道は、もう一度だけでいいので乗りたいものです。友人が、イタリアからレーティッシュ鉄道で入るのが良いと言っており、心が揺れますが、『大きな障害』がありましてね(笑)(笑)。
 JRの209は、横浜線に来られたら、205が気に入ってる私は・・・・です。しかし、使えるものは大切にしたいのですが、出来た頃、設計寿命十数年って聞いたことがあり、その点だけ気にはなりますね。
■■ TH様:
 東上線~川越線~野田線の直通とは、凄いことを考えたものですね。それほど、埼玉県の方々の海水浴志向が強かったのでしょう。いま、考えると、なんだか微笑ましく思ってしまいます。
■■ じろっち様:
 私も東武電車はあまり利用しませんが、たまにはお出掛けください。浅草から会津方面への直通があるようですから、変化に富んだ車窓風景が楽しめます。新宿からスペーシアもいいかもしれません。
 江ノ電といえば、嵐電と提携したそうでTVで報道されてましたね。古都と観光地、路面風風景。
■■ なにわ様:
 1M2Tの電車は十代の頃、城南地域に住んでましたので馴染みが無く、池袋で遭遇して吃驚しましたっけ・・・・。全国的に見れば、稀有の存在ではないんですね。情報、有難う御座います。
■■ Cedar様:
 佐野の蒸気機関車イベントに参加されたとは、良かったですね。遠いので何と無く億劫になって行きませんでした。
 東武の蒸気機関車は何時でも見ることが出来ると思っているうちに無くなってしまいました。貨物列車ですら同様でした。
■■ hirorail2010様:
 So-netブログ、コントロール可能になった由、良かったですね。早速拝見させていただきました。今後も、フレッシュな記事を期待いたして居ります。
■■ manamana様:
 野田線は単線区間も残っていますが大分改善されました。野田市あたりの高架化もあるようですし、TX効果もあって、どんどん変わるでしょうね。
■■ jirochar様:
 腕木式信号機は単線区間の素敵な添景でもありました。駅員さんがホーム上の梃子をエイヤッと引き下ろすと、鋼索でつながった、遥か彼方の遠方信号機の腕木が下がる・・・・子供心に響きましたっけ。
 幼い私は列車に乗って駅が近づくと信号機があり、鋼索が延々と駅までつながっているのを、眼で追いかけて居りました。
■■ うたに様:
 初期の顔をした8000はラッシュ時に出ていて、昼間は春日部で休んでいると聞いてから、かなり経ちました。現在はどうなっているかわかりません。一本くらいいて欲しいなあとも、思いますね。
by む〜さん (2009-10-20 09:48) 

服部光之

腕木式信号機は昔はよく見ました。
駅員さんが梃子を下げて、腕木を下げるときに、肩にタブレットを引っ掛けて、エイヤっとやるんですね。
そして、タブレットが肩から落ちないように押さえて、列車の先頭へ一目散に走り、運転手や機関士に渡して、前の閉塞区間のタブレットを受け取り、中の分銅の形を
声を上げて確認し、信号とポイントを確認して発車の旗を振る、昔の懐かしい光景です。
そういえば、通過列車のタブレットの受け渡しも面白かったですね。
子供ながら、窓から身を乗り出して見ていたことありました。
ぜんまい状の渡し場所、三角の受け取り場所、取ると、ガシャンといってそのトライアングルが柱になってしまう光景、思い出しますね。
のどかな時代だったのですね。
by 服部光之 (2009-10-20 10:37) 

む〜さん

■■ 服部光之様:
 昔は単線区間でしたら、殆ど腕木式信号機とタブレットでしたね。本線級だと、単線自動、色灯式信号機もありましたけれど・・・・。
 手作り風の暖かな感じが致しました。通過列車が、通票を受けに投げ、機器に掲げられたのを、腕でさっと持ってゆくのはカッコ良かった。しかし、 保安上は、やはり人手に頼るのは良くないのでしょう。
 小学校時代ですから昭和20年代前半だったのでしょうが、学校で見に行った映画のオマケにアニメーション映画がありました。勿論白黒ですが、駅長さんがウッカリして通票を渡してしまい、列車がトンネルの中で正面衝突するというものでした。いまでも、覚えています。たしか、「うっかり駅長」とかいう表題だったような気がしますが、あやふやです。
by む〜さん (2009-10-21 09:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0