So-net無料ブログ作成

品川~東京機関区1954年(中) [むかし噺(1)]

icon_mukashibanashi.gif
pencil-green.gif 前回、品川駅東口・・・・のどかな風景とのコメントを頂きましたが、今回のお話の前に、写真を一枚。

(A) 品川駅東口辺りの構内です。1953年・昭和28年12月の撮影。のどかな風景が広がっていますね。通信線の柱もなかなかの味。
000-a-5312shinagawa.jpg

(B) 機関車はC10の様です。
000-b-5312shinagawa.jpg


pencil-green.gif 本題に居戻りましょう。1954年・昭和29年2月、品川駅東口から、田町方面に歩き東京機関区へ向かいます。

■■■ 品川~東京機関区1954年2月(中) ■■■

(1) そろそろ東京機関区。下り本線を、デッキつきEF58牽引の普通列車が通り過ぎます。機関車の次位、暖房車の・・・・たぶんマヌ34。いろいろ言われる、デッキ時代のEF58ですが、好きです。狭いデッキもカッコ良く見える私なのでした。
001-5402tokyokikanku002.jpg

(2) 機関車部分を拡大してみました。暖房車の窓から顔を出している係員さん、なんて職名なんでしょう?ボイラー関係の免許のある方と思うのですが。
 そして、機関車の向こうの客車、右は一等寝台車マイネ40かな?左のダブルルーフはなんでしょう?三軸ボギーに見えないでもない。
 いや、別にクイズじゃあないのですが、気になったので・・・・・。お判りの方は、コメント欄にご記入頂けると嬉しいです。ただし、賞品は無いのですが・・・・・・。(笑)
002-5402tokyokikanku002-03.jpg

(3) このEF138は、汐留からの貨物列車でしょう・・・・・。
003-5402tokyokikanku003.jpg

(4) 荷物電車も来ました。モニ13という形式が思い浮かびますが、昭和29年2月当時は、これで良かったかどうか、よくわかりません。
004-5402tokyokikanku004.jpg

pencil-green.gif さあ、東京機関区です。せんだって、ついに建物など、取り壊されてしまったようですが、その話を聞いたとき、東海道本線旅客列車の機関車の本拠だったこともあって、感無量でした。 

(5) 英国渡来のEF50(EF506)。真っ平らな前面、サイドのベンチレータとか、車体の裾が下がっている辺りの丸穴など、たまらない魅力を感じます。
005-5402tokyokikanku005-01.jpg

(6) (5)の部分拡大。左隣に居るのはデッキ付きのEF58です。
006-5402tokyokikanku005-02.jpg

(7) これも(5)の拡大。EF50の右の向こう側。米軍持込のディーゼル機関車8500流線型EF58,その向こう側は、EF50でしょうか、EF53でしょうか・・・・
007-5402tokyokikanku005-03.jpg

(8) EF56(EF5612)です。
008-5402tokyokikanku006.jpg

(9) (8)の拡大ですが、向こうには(5)のEF50とEF58が見えます。
009-5402tokyokikanku006-02.jpg

(10) 並んだ新旧のEF58です。何度見ても、デッキ付きのEF58・・・・姿は、いいなあと思うのです。
010-5402tokyokikanku007-01.jpg

(11) (10)の左側を拡大。当時、流線型のEF58を見たとき、なんてスマートな機関車なんだろうと思いました。
 今になってみると、そんな私が、よく、デッキ付きのEF58をちゃんと写したなあ!と思います。
011-5402tokyokikanku007-02.jpg

(12) (10)の右端、トリミングしてあるので出ていませんが、原画を拡大すると、こんな車両の妻面が写っています。暖房車たぶんマヌ34でしょう。三軸無蓋車トキ900の台枠、機関車2120のボイラ、そして、台車は何処から来たか分かりませんが、そんな話を聞いたこともあります。
 なぜ、暖房車をちゃんと写さなかったと、またまた悔やむむ~さんです。
012-5402tokyokikanku007-03.jpg

pencil-green.gif ここで、東京機関区での写真はオシマイになって居ます。何処を如何通って帰宅したか覚えているわけもありませんが、途中の五反田駅前で都電を二駒写しています。

coffee.gif その都電は、ここ入れるわけにも行きませんので、別項として、次回に・・・・と言う程の画像でもないので、あんまり期待されません様に・・・・・。


タグ:国鉄
nice!(2)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 22

じろっち

もはや古の風景ですね。

品川から客車が居なくなったし、電車区自体が無くなるようだし。

こんど鉄道模型のKATOがNゲージのクハ151系の黄金時代の編成を発売しましたよ。
食堂車だけでなくパーラーカーも着く黄金時代の姿です。

その時代を知る、むーさんは欲しくなると思いますよ!
by じろっち (2010-08-15 21:36) 

む〜さん

■■ じろっち様:
 ご覧の通り、機関車まで持って来た進駐軍。昭和28年とは言え、まだ戦後でありましたが、国鉄の復興も進み流線型EF58も既に出来ており、何年かあとにはビジネス特急こだま号も走るようになるのです。
 フル編成の151は魅力的ですね。昭和30年代後半と言うところでしょうか・・・・。もっとも、我が家には置き場所もありません。デビュー時のこだま号だって置けないんです。(笑)
by む〜さん (2010-08-15 22:12) 

鈴木光太郎

今晩は
私は(9)写真のあたりに1958年頃、職員専用の踏み切りを渡って入ったことがあります。
普段は気が弱い小学生だが、級友が何人かいたので、入って見ました。
その踏み切り番の係員の人が親切で、坊やたち感心だネェーとか褒めてもらいました。
私達は、流線型EF58の回りをうろついただけで最高だったです。

http://images.google.com/hosted/life/l?imgurl=261df2ed1e3af778&q=tokyo%20locomotive%20source:life&prev=/images%3Fq%3Dtokyo%2Blocomotive%2Bsource:life%26hl%3Dja%26biw%3D862%26bih%3D608%26tbs%3Disch:1
↑はライフ誌が写した、敗戦直後のEF57又はEF56と考えられます。(URLが長いけど表示出来るでしょうか)
場所は東京~静岡の間か?
by 鈴木光太郎 (2010-08-15 22:48) 

む〜さん

■■ 鈴木光太郎様:
 昔はちょっと断れば構内に入れましたものね。何処かいじったり、何か持ってきちゃったりする輩も居なかったようだし。職員さんとの一体感だってありました。現代は何だかギスギスしてます。何かあったらみんな責任取らされちゃうのでは、こうなっても仕方がないんですが。
 さて、書き込んで下さったURLから、見に行きました。迷彩の電気機関車・・・・EF571?EF56?の様に見えますね。機関士さんのキリッとした表情が素敵です。
by む〜さん (2010-08-15 23:34) 

manamana

立派なデッキが、貫禄ですね。
by manamana (2010-08-16 06:15) 

む〜さん

■■ manamana様:
 電気機関車のデッキは、大型電気機関車では不可欠だと思っておりました。ですから、私のイメージする電気機関車はみんなデッキがあります。(笑)それが、更新の際、SGを積んで半流線型のスマートな箱型に生まれ変わりました。EF58の35だったか、36だったか以降では、箱型半流で新製になりましたね。ご承知のように、デッキ時代の車体は、凸形EF13の代替車体として、再利用されました。
 材料費節約と聞くEF58の十字型のデッキ、それはそれで、私には大層スマートに見えたものです。
by む〜さん (2010-08-16 08:34) 

たらこっち

デッキ付きのEF58を見ると、藤枝駅の1番線に止まっていたEF18を思い出します。
あの頃は、島田、藤枝、用宗なども貨物扱いありましたからね。


by たらこっち (2010-08-16 09:56) 

のり

デッキ付きの電気機関車が主力だった時代、本当に素敵な写真です。新旧並んだEF58もいいですねぇ。
55年以上も昔・・・私の生まれるほんの少し前ですね。風景の激変ぶりには驚愕です。
by のり (2010-08-16 14:51) 

kks

EF18は藤枝駅で貨車の入れ替えをしていました。
駅の東側の踏切(警手あり)が入れ替え時は閉まったまま。
踏切でまっていると、目の前にギギーとEF18が止まり、時間が
かかるときは警手さんが、通過があるからもう少し待ってねと教えて
くれました。

いま、その踏切は自動化されています。

昔の温もりが懐かしいお盆でした。
by kks (2010-08-16 16:23) 

じろっち

Nゲージの編成モノはケースに入っていますので、自宅では運転出来ない人でも眺めて楽しめますよ。

最近は大規模鉄道模型店が有料で私物車両の運転を受け付けているし・・・

古淵のタムタム・トレッサ横浜内のポポンデッタで可能だと思います。

たぶんクハ151系を走らせる人が多いと思うので、定番の こだま・つばめ ではなく、富士・おおとり などにしておくと良いかもしれません。

我が家の近所の踏み切りも昔は手動で、「歩行者・自転車だけ行っていい」をやってくれました。
今やったら免職でしょうね。
by じろっち (2010-08-16 21:33) 

べる

素晴らしい記録ですね!

客車の先頭に行ってデッキ付き機関車との連結面を見たら風と音と厳ついデッキの迫力で壮観だったのではないでしょうか?
経験のない者の妄想ですが。
by べる (2010-08-16 22:17) 

津沢

む~さん様、こんばんは  津沢です

1950年代は、連合国軍に接収されていた車両の返還と、内燃車両の試作・普及、3軸ボギー車の改番、1等寝台車の改造と2等格下げ、戦時設計車両の改造、高性能電車の普及、1等車廃止と2等級への移行(以上順序は適当)など、国鉄だけでも急激な変化の時代で、同じ車両でも形式名や番号が数年のうちに何度も変わっていき、車両史でも最も複雑かつ面白い時代ですね。

写真(1)(2)
暖房車には、蒸気機関車の免許を持つ(=ボイラ取扱ができる)機関士が乗務していた、と何かの本で読んだ覚えあります。
ダブルルーフの客車は、等級帯が無く全長が短いようなのでオハ31あたりでしょうか?
マイネ40~マロネ40は、憧れの車両でした。1960年代終わり頃、品川客車区の今はサンライズ編成が昼寝しているあたりに「銀河」編成が待機し、青色に塗り替わりつつある旧型客車のなかにあって、等級帯で引き締めた茶色の車体に、深夜出発に備えて西陣織のカーテンを閉ざした窓が並び、近づき難い孤高の趣きでした。

東京発の東海道線電車に乗って、東京機関区~品川客車区の脇を通るだけで旅情を感じたものです。
by 津沢 (2010-08-16 22:20) 

む〜さん

■■ たらこっち様:
 EF18は何処の所属だったんでしょうね。私は用宗でローカル貨物牽引中とか、焼津の構内で休憩中とか、見かけたことがあります。ギア比は変わったるんでしょうが、EF58のまんまの姿ですから、なんだか似合わないなあと思いました。
■■ のり様:
 EF5835でしたっけ?デッキ無しの流線型で再出発したときは、あまりの格好良さに驚きました。しかし、初期のデッキ付きの姿も忘れられません。
 以後、デビューする機関車は皆、箱型になりました。
■■ kks様:
 藤枝の踏切・・・・現在、軽便の記念碑の立つ小公園のそばの踏切のことでしょうか?この5月、大井川の千頭に行ったとき、藤枝で途中下車して見てきました。
■■ じろっち様:
 まあ、模型は始めるとキリが無いので、近づかないようにしています。(笑)
 もう、作成する手先能力も無くなりましたし、購入する資金力もなくなりました。とほほ・・・な私であります(笑)。
 151系の特急富士、昭和36年、新婚旅行の帰りに、宇野から乗りました。夕食は勿論、食堂車で、当時の私たちには精一杯のチキンカツとライスを食べました。隣のテーブルで、酔っ払ったオジサンが、ステーキを注文、出来てきたら、ウエイトレスにナイフで切ってくれと、絡んでおりました。そんな些細な事だけ、はっきり覚えていたりするのです。
■■ べる様:
 蒸気機関車の炭水車を眺めているときよりは、視界が広い分、面白い眺めでした。
 昭和286年ごろ朝の通学途上、サラリーマン諸君の中には、EF53や56のデッキに乗っちゃう方も居ました。なにしろ、混んでましたからね。私は、機関車デッキ派ではなく、スハニだったか、オハニだったか忘れましたが荷物室派で、あの大きな荷物ドア全開で、品川~新橋の風景を楽しみました。同じ荷物室に、いつも、『文化放送・旺文社提供・大学受験口座』のジェームス・ハリス先生が乗っていて、あるときは、映画:喝采のグレース・ケリーについて語っておりました。
■■ 津沢様:
 私は、赤帯の三等車の記憶が何故か無いのです。あるのは、窓の下に『Ⅲ』の記号が書かれているのは覚えています。しかし、二等車の青帯、一等車の白帯の記憶は鮮明です。
 やはり、客車はチョコレート色が、一番と思っています。幼い日の刷り込みかもしれませんが。
 EF58の向こうのダブルルーフ客車・・・・品川に17mオハ、見た記憶がないのです。20mの、食堂車、寝台車の記憶はあるのですが・・・・・。
 いまでも、新橋から品川に、東海道本線の列車に乗って眺めた、品川客車区の木造の建物のそばの側線に、客車が一両居た風景を思い出します。
 マイネ40、マイネ41・・・・マイネ40は車体の工作は、悪かったけれど、車内を想像して、乗って見たいものだと思って居ましたが、大体、高校生風情が一等車(二等車でも)に乗るなんて、思っても見なかったです。
 そんな高校生の私、通学途上、山手線、京浜東北でいいものを、わざわざ、東海道やスカ線に乗っちゃうんです。土曜日なんかは、品川から京浜蒲田まで、京浜急行の急行に乗るんです。勿論、デハ230の最前部で窓全開(笑)。
by む〜さん (2010-08-16 23:31) 

mymeな大家

こんにちは。
ご無沙汰しております。お盆休みは実家でのんびりさせていただきました。
東京機関区の建物、無くなってしまいました。京浜東北線で上野へ向かっていたところ、山手線のオーバー・クロスから見えた風景が無いことに気がつき、茫然としてしまいました。子供の頃はオーバー・クロスから見える、東京機関区、田町電車区がとても好きでした。時代の流れと言われてしまえばそれまでですけれど寂しい・・・。茶色の箱型機関車たち万歳!
ところで上野へ行った目的はと言いますと、新型スカイライナーに乗りに行くためでした。久しぶりに鉄道のためだけに出かけました。
では、失礼します。

by mymeな大家 (2010-08-16 23:33) 

む〜さん

■■ mymeな大家様:
 一寸前に友人が、たまたま取り壊し中の東京機関区が写っている写真を送ってくれました。まあ、たいしたショックでした。なんたって、十代からお馴染みの建物でしたから。木造で、大きな文字で『1:29:300』と書いてあった時代がありました。
 スカイライナー、乗り心地は如何でしたか?私は、涼しくなってからにしようと思っています。なにしろ、暑すぎますよね。
by む〜さん (2010-08-17 00:01) 

なにわ

EF18はずっと浜松におりました。EF58もいましたから。

もう車体載せ替え後のEF13がいますが、まだ載せ替えは5~6両ぐらいでした。

EF50なんて、こんな大形電気機関車イギリスにはいなかったようで、製造に相当苦労したようです。もちろん性能も・・・でして、EF51やED14を基礎にして発展していくことになるのです。
by なにわ (2010-08-17 15:56) 

む〜さん

■■ なにわ様:
 凸形EF13はかなりの数、居た訳で、私の写真暦で、一齣しか撮影してないと言うのは、行き当たりばったりで写していたからなんでしょうね。
 EF51は、最後に見たのは何年だったでしょうか、忘れましたが、南武線の溝の口駅でした。この時は、カメラを持っていなかった・・・・と言う事は、歳とったいまでも覚えてるんですね。余程、悔しかったのかもしれません。
by む〜さん (2010-08-17 16:05) 

じろっち

クハ151系の編成は、最高級セットだと、外幌とチャンピオンマーク付きですって!

好評なら、山陽本線移籍後版も登場するかもしれませんね。
by じろっち (2010-08-17 22:22) 

む〜さん

■■ じろっち様:
 ま、とても手が出ないほど高価なのでしょう。もしも、手が出ても、編成として展示して置く場所の無い悲しさです。二両編成くらいがせいぜいで・・・・・・。
by む〜さん (2010-08-17 23:18) 

mymeな大家

こんにちは。
新型スカイライナー、高砂までは揺れがありましたが、スカイアクセス線に入ってから快適で、一気にスピードを上げあっという間の44分(上野から)でした。また途中先頭からの映像を客室内貫通路の上に設置されたモニターに映していて、結構楽しめました。内装の安っぽさを感じてしまったのが残念ですけれど・・・。往復乗ったのですが、4800円は結構大きいです。
そうそう、博物館動物園、薄暗いながらも物置きにでもなっているようで、確認できました。
では、失礼します。
by mymeな大家 (2010-08-18 00:23) 

なにわ

価格差が105円しかありません。
編成が微妙に異なりますね。安い方は1963年のサハ150が2両入っている編成、高い方は1960年のサロ150が入っている編成です。

詳細は
http://www.katomodels.com/product/nmi/151kei.shtml
をご覧ください。
by なにわ (2010-08-18 00:40) 

む〜さん

■■ mymeな大家様:
 新スカイライナー、快適みたいですね。益々乗りたくなりました。う~ん、たしかに往復5千円弱は痛いですね。双眼鏡持参の空港観光もかねて、片道は新NEXにしないと採算取れません(笑)。
 博物館動物園、地上の建物は綺麗に残って居りますが、ホームの長さの問題で使えないと聞きます。残念ですが・・・・・。
 数年前、寛永寺坂駅の跡の建物も残って居りましたが、いまは如何なのでしょうね?
■■ なにわ様:
 (A)8両+4両=19,950円+7,665円
 (B)12両=27,720円
ですね。こうやってお値段を眺めていると、Nゲージって結構、安いものなんですね。細密さでは、HOに軍配ですが、編成で揃えるとなると、この方式が良いと思う方も多いのでしょう。
by む〜さん (2010-08-19 09:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0