So-net無料ブログ作成

踏切のある風景(1) [踏切のある風景]

icon-fumikiri.gif
pen-pc.gif 松本へ行って以来、とんと「お出かけ」がありません。何を書こうかと首を捻って居たのですが、なかなかいい案が浮かびません。
 最近、Facebookに写真を投稿しましたら、読者さんから「踏切の写真が多いですね!」というコメントがありました。そう言えば多いような気もする。そこで、4月24日以来、踏切がらみの鉄道風景写真を出し続けて居ます。割と評判もいいような気もしますので、Facebookからそっくり12件の踏切写真を並べてブログにしてしまおうと思いつきました。
 こんな感じですが、手ごたえがあったら、シリーズ化しようと思って居ます。

■■■ 踏切のある風景(1) ■■■

pen-para.gif Facebookには、写真とともに、朝夕の挨拶とか、私のその日の行状とか入って居ますので、それは削除して鉄道関係のものだけ抜き出して並べてみました。なお、写真の選別基準なんてものはありません。踏切が写っていればよしとします。気分で入れてしまうこともあり、「てきと~」なところもあるわけで、その辺はあまり突っ込まないで下さいね。
 では・・・・・・。

■■ 踏切01 ■■4月24日(Facebook投稿月日・以下同じ)
ちょっと前の写真ですが・・・東急池上線、池上駅を出た7714ほかが第二京浜の橋梁への勾配を登ってゆきます。2011年8月1日撮影。
001-fumikiri-20110801-tokyu-ikegamiline-ikegami.jpg

■■ 踏切02 ■■4月28日
私が鉄道の写真を撮りだしたころ、夢中でビギナー向け写真雑誌「カメラクラブ」(アルス社刊)の、秋山青磁先生の入門記事を読み、兄の写真機「オリンパス35Ⅳ」で写したりして居ました。そのころの作品です。昭和28年10月、東急東横線・田園調布駅脇の踏切。電車は3450と思われます。日通のオート三輪は多分、田園調布の貨物ホームへ行くのかもしれません。そこへは、菊名から3021に牽かれた貨物列車が到着するようになって居ました。
002-fumikiri-195310-tokyu-toyokoline-denenchofu.jpg

■■ 踏切03 ■■4月29日
小田急町田駅の新宿側の踏切で数枚写したうちの1枚です。あまり好きではないデハ3000ですが、「たまにはいいか!」と、シャッターを切る。2016年4月29日の撮影。
003-fumikiri-160429-odakyu-machidaekimae humikiri.jpg

■■ 踏切04 ■■4月30日
伊予鉄大手町駅。2014年9月9日、有名な希少な平面交差ですが、昔はそこら中にありましたね。
004a-fumikiri-20140909-iyotetsu-otemachi01.jpg

踏切である事を、この標識を見て、はっきり確認しました。上の写真の「女の人のうしろ」架線柱の傍の赤いのです。
004b-fumikiri-20140909-iyotetsu-otemachi03.jpg

駅名標の文字のかすれ具合が絶妙でした。
004c-fumikiri-20140909-iyotetsu-otemachi02.jpg

■■ 踏切05 ■■4月30日
で、今夜の踏切ですが、2005年12月10日、鹿児島市電訪問の降りに立ち寄った市電の二軒茶屋電停。そのお隣のJR・指宿枕崎線の踏切状の変な場所です。JRは通行禁止としたうえで、完全に閉鎖した訳でなく、地元の人が付けた注意の看板と柵で安全装置として居ます。「かなりアバウトな踏切状の場所」でした。聞けば11年が経過した現在、かなり状況が変化したと聞いた事があります。実際のところは分りません。
005a-fumikiri-20051210-nikenjaya.jpg
手前のバラストの色が変わっているあたりが、人の通行部分のようですね。

町内会で建てた安全柵。ちゃんとした踏切ができないのは、いろいろ複雑なわけがあるのでしょう。
005b-fumikiri-20051210-nikenjaya.jpg

JR九州で建てた標識。
005c-fumikiri-20051210-nikenjaya.jpg

現在は、ストリートビューでみますと、人専用の踏切が出来、遮断機も付いたようで、まあ、一応の解決はできたようです。

■■ 踏切06 ■■5月1日
今日の写真は都電・32系統・学習院下~面影橋間の6000形6209で、1974年の1~3月くらいの撮影でした。
006-fumikiri-1974-toden-32-gakushuinshita.jpg

■■ 踏切07 ■■5月2日
今日の踏切写真は京成電車の京成八幡駅。2011年5月14日。芝山鉄道の3600です。実は頭を写すつもりが失敗!サイドの写真と化けました。
007-fumikiri-20110514-keiseiyawata-shibayama3600.jpg

■■ 踏切08 ■■5月3日
写真は京成八幡駅脇の踏切。2011年5月14日、特急・上野行の3700形3701、踏切通過中のクルマは何だか分りません。
008-fumikiri-20110514-keiseiyawata.jpg

■■ 踏切09 ■■5月4日
写真は昭和34年7月の叡電・修学院駅に到着する出町柳行の22、勿論ポールの時代。
009-fumikiri-195907-eiden-shugakuin.jpg

■■ 踏切10 ■■5月4日
京成電鉄・立石駅。2013年7月27日、銀座の「矢場とん」で味噌カツを食べたあと、やって来ました。駅脇の小さな踏切を渡る人たちの姿が。人それぞれで何枚もシャターを切りました。その中の一枚。立石駅・・・また行ってみたい駅です。
010-fumikiri-20130727-keisei-tateishi.jpg

■■ 踏切11 ■■5月5日
さて、踏切写真ですが、今日は京浜急行・鶴見市場駅そばのカーブの、大カント踏切です。2015年8月20日、昨年夏の真っ盛り。
011-fumikiri-20150820-keikyu-tsurumiichiba.jpg

■■ 踏切12 ■■5月5日
今夜は小田急の鶴川4号踏切。2007年6月25日の夜に撮影ですが、電車は居ません。
012-fumikiri-20070625-odakyu-tsurukawa4.jpg

pen-para.gif Facebookでは、相変わらずこのシリーズを続けています。当ブログでも、Facebookをなぞって続けようと思っています。

coffee.gif では、また次回、お目にかかりましょう。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 3

のり

ならべると圧巻ですね。
む〜さん様の思いを感じます。

電車が通り過ぎた直後の人々の動きがなんとも素敵です。

私が住吉交叉点を大好きなのは、「踏切」に近いものがあるのを感じるからかもしれません。

人と息づく電車の姿、私もそれを目指して出撃しているのですが、まだまだむ〜さん様の域には足元にも及びません。

もっと精進いたします。
by のり (2016-05-13 06:33) 

Cedar

踏切って人と電車の接点ですから魅力的ですね、立体化された線路はやはり面白くないです。
by Cedar (2016-05-13 09:15) 

む〜さん

■■ のり様:
 幼い頃から踏切で電車汽車を見物することが大方ので、踏切には熱い思いがあります。踏切の真ん中に立って向うを眺めると2kmほど向こうまでまっすぐ見通せるのです。陽炎が立って遠くに現れた汽車の姿は揺れて見えました。線路脇に下がって友達数人、並んで草の上に座り汽車が来るのを待ちました。目の前に汽車が来るのに、凄く長い時間が掛かった気がします。子供と大人では、時間感覚に差があるのでしょう。そうやって目の前に着た列車に手を振るのでした。小学生のころはそんな毎日を送って居ました。
■■ Cedar様:
 おっしゃる通り、人と電車の交流する場所ですよね。遮断機の竿の前で電車の通過を見る。この時の迫力は筆舌に尽くせないものがありました。
 国鉄・品鶴線は蒸気機関車主体でしたから、踏切でも見物しましたが、陸橋の上からも見て居りました。線路の真上で待って居ると、蒸気機関車の吐く煙に包まれ、煙の匂いは私たちを夢中にさせるのでした。同じ石炭を炊いて居るのに、我が家の風呂の煙とは、絶対に違うのです。友人一同の一致した意見でしたっけ。

■■♪♪ hanamura様:
 「nice!」有難う御座います。
by む〜さん (2016-05-16 18:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0