SSブログ

横浜市電1969年(0) [関東の私鉄と公営鉄道]

 なにか、いいネタが無いかなあ・・・・と、1960年以降の35ミリネガフィルムを入れてある資生堂オリーブ石鹸の空き缶をかき回しておりましたら、こんなのがありました。

 横浜市電の終焉も近く、撮影に行こうと、仲間たちと誘いあわせて出掛けたときのものです。

 時は、1969年・昭和44年6月29日・日曜日、二日後には一部の路線が廃止されるというタイミングでした。

 ヨコハマ市電1969年 

 今回は、そのフィルムの中から、3駒ほどお目に掛けます。昭和40年代中ごろの、街の風景として御覧下さい。

(1) 京浜急行の神奈川駅近く、青木橋に近い、洲崎神社前電停あたり、7系統の八幡橋行の方向幕の1300形1312。遠くに居るのは500形でしょう。この頃は、生麦車庫は既に無く、この洲崎神社前が終点でした。

(2) こんどは、同じ7系統の走る、久保山まで来ました。アーチ型の陸橋は今でもあると思いますが、その上からの撮影。電車は1300形1308

(3) 同じ電車、1308を少々角度を変えて写してみました。

(4) 門柱状の柱と、煉瓦の壁の階段は、ミナトヨコハマ文明開化!由緒ありそうな構造物。(3)の写真の一部を拡大してみました。いまでも、残っているでしょうか・・・・在って欲しいです。
 そして、路面電車で待合室があるのは珍しいですね。もっとも、大昔には、このあたりは専用軌道だった時代があったと本で読みました。


 こんなところで、今日はお仕舞いです。他にも何枚かありますので、日を改めまして、書こうと思っております。

 では、また!!!!


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。