So-net無料ブログ作成
1970年代の旅 ブログトップ
- | 次の10件

桑名:日帰り親子旅1978(1) [1970年代の旅]

icon-kuwana.gif
pen-para.gif 30年も昔のフィルムが出てきました。私と息子の二人での、三重県桑名までの日帰り旅が、サクラのネガカラーISO400/36EXのフィルム一本に記録されています。30年も昔のお話なので、充分に記憶が曖昧になっています。忘れて仕舞った部分は、その旨、書きますので、ご存知の方は、コメント頂けると嬉しいです。なんとか、僅かな記憶をたどって、書きましょう。全6回でお送りいたします。子供の記念写真が多いのですが、ご容赦下さい。

pen-para.gif 1978年・昭和53年1月29日・日曜日、早朝、5時半ごろ、小学校1年生の次男を連れて、始発のバスで出発です。
 目的地は、三重県の、焼き蛤の桑名。此処を基点で北に20.4km、軌間762mmのケイベン、近畿日本鉄道北勢線を一寸だけ見ようというのです。

 東京~桑名 日帰り親子旅(1) 

(1) 小田急の町田駅です。時計は6時05分。ここから、小田原まで小田急です。
780129kuwana001.jpg

(2) 小田原から東海道在来線小田原・東華軒の「おたのしみ弁当」500円。これが、第一次朝食。この車輌、なんでしょう?113?153?窓下の小机、灰皿・・・・・もう、いきなり判らなくなっています。
780129kuwana002.jpg

(3) 東海道本線在来線から、新幹線に乗り換えたのは、たぶん、熱海駅。こだま号で到着したのは、「浜松駅」。列車が出て行くホームの向こうに見える時計は、たぶん9時45分を指しているように思えます。駅風景に記憶が無いので、ここを浜松駅と同定した根拠は、発車時刻表の所要時間の表示・・・・拡大すると左端が浜松。
780129kuwana003.jpg

(4) 浜松の駅前に出てみました。バックは、まだ地平にあった遠州鉄道の新浜松駅で、左側の電車のサイドには37の数字。まだ、馬込駅のスイッチバックがあった頃なんですね。
780129kuwana004.jpg

(5) 浜松からは、在来線に乗りました。何故か、弁天島駅のホームで記念写真。ここで、改札を出たのか、ホームに降りただけだったのか、わからない・・・・・・・。
780129kuwana005.jpg

(6) これは、多分、第二次朝食と思われますが、浜松駅自笑亭の「ひくまの弁当」500円
780129kuwana006-01.jpg

(7) この駅弁の掛紙の日付部分を拡大したら、昭和53年1月29日8時とありました。じつは、この旅、何年何月か判らなかったのです。これで、完璧に判りました。ネガカバーにちょっと、メモでもあれば、こんな面倒なことは必要なかったんですが・・・・。皆さん、ちゃんと撮影メモは残しましょうね!
780129kuwana006-02.jpg

(8) 色々乗り継いで、なんとか豊橋駅まで来ました。この153系・・・・と、云うか、妙に屋根が薄いので、修学旅行系かな?、の各停に乗ってきた筈で、息子を入れて記念撮影。でかい前照灯が素敵です。・・・・この駅、在来線の豊橋駅ですよね?フィルムの駒の順序から考えると、豊橋しかないのです。如何でしょうか?
780129kuwana007.jpg

pen-pc.gif 目的地の三重県桑名市、まだまだ、遠い。・・・・・・これから、何に乗りましょう??


coffee.gif 今日は、ここまででお終いです。続きはまた次回!!!


タグ:遠州鉄道
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
- | 次の10件 1970年代の旅 ブログトップ