So-net無料ブログ作成
軽便鉄道 ブログトップ
- | 次の10件

軽便鉄道:西武おとぎ電車(上) [軽便鉄道]

icon-keiben.gif
pencil-red.gif 
さて、今日の軽便鉄道は、東京都と埼玉県の県境の・・・・たしか、埼玉県側をのんびり遊覧客を運んでいた、通称、おとぎ電車・・・・西武鉄道山口線と云ったと思いますが・・・・です。

 1950年・昭和25年、おとぎ電車スタート。いろいろ有って、1984年・昭和59年に、後進の新交通システム・・・・案内軌条式電車に、道を譲って廃止となった線区・・・・・1985年・昭和60年からは、西武遊園地~西武球場間が、新交通システムとなっています。一時は、頚城鉄道や井笠鉄道からやって来た蒸気機関車が、やはり井笠鉄道から来た木造客車を引いて居た事もありました。
 
惜しい事に、何時でも撮りに行けると、思っているうちに、無くなってしまいました。惜しかった、惜しかった・・・・。

 私が、この写真を写したのは、1956年・昭和31年の11月18日・日曜日で、大学の一年生でした。遊園地の遊戯施設風だけど、一応は、地方鉄道・・・・しかも762mm軌間。乗りに行こう・・・って、お出掛けしたらしいのです。

 西武鉄道・おとぎ電車(上) 

 たしか、この日は一人でのお出掛け。メモも何にも無いので、今となっては、何処を如何通って行ったのか記憶も有りません。ただ、この頃、武蔵野の景観に関心があった時期なので、所沢側から、狭山線で、終点の、狭山湖駅(現・西武球場前)まで行ったと思われます。駅の近くは、丘陵地で、ユネスコ村という、世界各地の住居が建つ遊園地となっていました。

 で、このおとぎ電車は、このユネスコ村駅から、多摩湖(村山貯水池)に沿って走り、競輪場のある、西武園に近い、多摩湖ホテル前駅まで走って居りました。全長、4km弱。

(1) ユネスコ村駅で購入した切符。電車緒イラスト入り。31.11.18の日付が入っています。この切符は、アルバムに貼り付けて有りました。いい加減な私にしては感心なことである。(笑)
01-561118-seibu_yamaguchi012.gif

(2) ユネスコ村駅に列車が入ってきます。本格的構造の腕木式信号機が、二本も建っております。客車一両だけの列車を引く機関車は、蓄電池式機関車のB11形。これは、多分、B12と思われます。
02-561118-seibu_yamaguchi001.jpg

(3) ユネスコ村駅に停車中のB11形のB12
03-561118-seibu_yamaguchi002.jpg

(4) 客車・・・オープンの幌掛けの客車も有りますが、これは、冬向き密閉式のハ21形。ナンバーは読めません。日曜日にしては、お客さんが少ないですが、11月ですので、こんなものなのでしょう。後部標識、尾灯もちゃんと付いているのは、流石、遊戯施設でなく地方鉄道。
04-561118-seibu_yamaguchi003.jpg

(5) 途中にはトンネルもありました。
05-561118-seibu_yamaguchi004.jpg

(6) 列車交換施設だってあるのです。交換した列車はユネスコ村に向かって走ってゆきました。ちゃんと、車掌さんも乗っています。車掌さんは、女性みたいに見えます。
06-561118-seibu_yamaguchi005.jpg
 ポイントもスプリング式でなく、ちゃんと信号所から、本格的に操作するようになっています。

pen-pc.gif 続きは、また明日・・・・・。coffee.gif


nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽便鉄道:静鉄駿遠線1958年 [軽便鉄道]

icon_oshirase.gif
pencil-red.gif 小学校教諭であり、静岡鉄道駿遠線の研究者である、阿形 昭さんが、このほど、日本最長の軽便鉄道「静岡鉄道駿遠線」・・・・1970年廃線・・・・の「廃線跡地図」を作成されました。
01-sun-en_map.gif

pencil-green.gif 国土地理院の5万分の1地形図を基本とし、静岡鉄道駿遠線の路線を重ね、歩行・走行可能、不可能区間の区分もした、素晴らしいものです。 
 地図のサイズは、横72cm、縦51cmで、袋井~新藤枝~駿河岡部間69.4kmが記入されております。

pen-para.gif この地図をご入用の方は、下記の方法でお申し込み下さい。

 一枚500円(送料込み)で、500円の図書券=図書カード、同封の上、下記へお申し込み下さい。二枚の場合は、図書券1,000円です。

〒437-1612
静岡県御前崎市池新田2266-2
  阿形 昭 
さん宛て、郵便でお申し込み下さい。

 軽便鉄道愛好の方、旧・沿線にお住まいの方、お住まいだった方、きっとお役に立つと思います。


icon-keiben.gif

 さて、今日の軽便鉄道。私が一番好きだった、静岡鉄道駿遠線です。私の通った頃は、袋井~60.7km~新藤枝~3.9km~大手でありましたが、段々、営業区間が短縮され、1970年夏、遂に廃線となってしまいました。
 私が、初めて、同鉄道を訪問したとき、昭和33年4月の写真から、3駒を選んで、ご覧頂きます。

 静岡鉄道駿遠線1958年 

 私が、読売新聞社の週刊誌「週刊読売」のグラフ記事を読んで、ここ、静岡鉄道駿遠線に乗りたくなり、初めてやって来たのが、1958年・昭和33年の4月のことでありました。東京駅から準急・東海のモハ80系でやってきたのです。 

(1) 国鉄の駅を出ると右のほうに、静岡鉄道駿遠線の「新藤枝駅」がありました。その構内です。左の気動車キハD11は、廃線となった、広島県の鞆鉄道(やはり762mm軌間の軽便です)からやって来たものです。
02-5804su06-001.jpg

(2) (1)拡大してみましょう。キッコーエンは地元のお醤油でしょうか・・・・・。
03-5804su06-002.jpg

(3) (1)の右のホームの部分を拡大。2番線の行先には、上吉田・榛原町・相良・地頭方・袋井方面とあります。
04-5804su06-003.jpg

(4) 新藤枝駅の貨物ホームです。長物車、無蓋車、有蓋車が、ずらり。左は国鉄側の貨物ホームです。
05-5804su18-001.jpg

(5) (4)の部分拡大ですが、「くろがね」のオート三輪。満載の積荷は、たぶん「木炭」。屋根の下の袋は、セメントのように見えます。
06-5804su18-002.jpg

(6) 御前崎に近い、地頭方行きの快速列車・・・・気動車+客車・・・・に乗って、相良の駅を目指します。列車は大井川を渡り、上吉田駅に滑り込んでゆきます。交換するディーゼル機関車牽引の混合列車が待っていました。ホーム上に建つ場内信号機が素敵ですね。
07-5804shiz-sun03-001.jpg

(7) (6)の左の方をクロースアップしてみましょう。左端は、いわずとしれた、ご不浄だったります。昔懐かしい、お手洗い器が、ぶら下がっています。上吉田は貨物ホームもある大きな駅でした。
08-5804shiz-sun03-002.jpg

(8) さらに拡大します。何人かのお客さんが列車を待っています。駅員さんは詰襟の制服、和装のご婦人、ねんねこのお母さん。まさに昭和の風景ですね。
09-5804shiz-sun03-003.jpg


signal-blink.gif
 この時の旅行記は、下のアイコンをクリックすると、ご覧になれます。昭和33年4月の事でありました。

icon-mu3homepage.gif


coffee.gif では、また次回に!!!!


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽便鉄道:井笠鉄道1957年 [軽便鉄道]

signal-blink.gif 今朝は、最初にお知らせです。

ani-014-spin.gif 新刊書の御案内

 友人の宮田道一さんが、JTB Can Books シリーズから、「東急の駅 今昔・昭和の面影」という、写真満載の本を出されました。
 「80余年に存在した120駅を徹底紹介」と、うたっているように、鉄道線の全駅について、「昭和30年代の写真と、現在の写真」に「電車風景と、各駅のデータ、丁寧なコメント」がつけてあります。
 早速、読んだのですが、東急沿線で育った私、あの頃に、想いが飛び、嬉しかったり、しんみりしたり、すっかり青春時代に気持ちが戻りました。
 素晴らしい本だと思います。そろそろ、書店に出ている頃と思います。お勧めの一冊です。

 書名: 東急の駅 今昔・昭和の面影
 著者: 宮田道一
 
定価: 本体1,900円(税別)です。
 発行: JTBパブリッシング

◆ 表紙
tkk-showa001.gif

◆ 裏表紙
tkk-showa002.gif

◆ 内容見本ページです。こんな構成になっています・・・・・。
tkk-showa004.gif

◆ 田中 稔さんの素敵なイラストも有ります。
tkk-showa005.jpg
pencil-blue.gif すべて、著者のご了解を得て掲載しました。他へのご利用はしないで下さいます様、御願い致します。


pen-pc.gif ・・・・・さて、お話は変わります。
 連日、暑いですね。町田市の我が家の周辺、夏のお約束の蝉の声。ニイニイゼミから始まって、今は、アブラゼミが凄い。それに、ミンミンゼミが混じる。さらに、数日前から、クマゼミの声も聞こえます。クマゼミはここ10年ですね。30年くらい昔は、小田原、三浦半島にはいましたが、この辺りには居なかったのです。クマゼミの生息地域の北上・・・・これが、温暖化というヤツでしょうか・・・・。

 さて、鉄道の話題です。今日も、昔噺・・・・それも、前回に引き続き軽便鉄道の話題です。軽便鉄道法に拠った・・・との意ではなく、所謂、ケイベン・・・・軌間1067mm未満の鉄道ってことですので、あまり厳密に考えていませんので、あまり、追求しないでくださいね。

icon-keiben.gif
pencil-red.gif 
さて、話は変わって、今日の軽便鉄道・・・・・「井笠鉄道」
 山陽本線の笠岡駅から、井原に至る非電化の軌間762mmの軽便で、矢掛、神辺への二つの支線も有って、かなり規模の大きな、軽便鉄道でありました。私は珍しく、二度、訪問しております。よほど気に入ったのでしょう。

 井笠鉄道1957年 

 1957年・昭和32年8月、九州旅行の帰りに、山陽本線の朝の笠岡駅に下車いたしました。そして、ひと駅だけですが、井笠鉄道に乗りました。

(1) ひと駅乗って下車したのが、車庫、工場のある「鬮場(くじば)駅」。文字が小さいとわかりませんが、門構えみたいなのの中に、亀の字。
 拡大すると・・・・・鬮場(くじば)駅。なんだか、良く判りませんが、大きな漢和辞典だったら出ているかもしれませんが、面倒なので調べては居ません。
 入れ替わりに、笠岡行きの列車が出て行きます。
5708igasa03-kujiba1-001.jpg

(2) (1)を拡大してみました。如何にも、昭和初期の雰囲気ですね。右に分岐しているのが工場への引込み線です。真夏でエアコンなんか無いのですから、ドア全開、満員のお客さんぶら下がりは普通の風景。それが、昭和30年前後。
5708igasa03-kujiba1-002.jpg

(3) 次の笠岡行きで折り返しました。荷台のついた少々ゴツめの気動車(たぶんホジ7)が、ダブルルーフの客車・・・・もちろん木造・・・・を引いています。この列車に乗ったようです。
5708igasa05-kujiba3.jpg

(4) 笠岡に戻り、朝の街など少し歩いたのち駅に戻りましたら、井笠の列車が到着。ホジ1形が客車を二両引いて・・・・。(三両目の客車が見える気もするけれど、フィルムを見ても良くわからない)
5708igasa06-kasaoka3.jpg

 これで、くじば駅のお隣の工場を見て来なかったってぇんですから、む~さんは、かなりマヌケだったんですね。前夜の夜行列車、真夜中に腹痛でろくに寝てなかったので、ボケていたのでしょう。


signal-blink.gif
 この時の旅行記は、私のホームページ「む~さんの鉄道風景」に有りますので、お時間が御座いましたら、ご覧ください。
 下の、アイコンをクリックしますと、直接該当ページにジャンプします

icon-mu3homepage.gif


coffee.gif では、また!!!!次回に・・・・。


タグ:井笠鉄道
nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽便鉄道:西大寺鉄道1958年 [軽便鉄道]

icon-keiben.gif
pen-para.gif 昨日、2008年・平成20年8月6日・水曜日、午後から、掛かり付けのお医者さんに検査で行っていたんですが、帰って来たら、次男夫婦と、5年生になる孫が来ておりました。嬉しいものですね。家の中が、にわかに賑やかになりました。
 彼らは、前日に、銚子へ行って、美味しいお魚の料理を食べてきたそうで、お土産に頂いたのが「銚子電鉄」の「銚電の ぬれ煎餅」最近のスーパーには、同じような趣向の「ぬれ煎餅」が、各種並んでいます。TV-CMを始終やるような大メーカーさんもやってる。『儲かるんなら、なりふりかまわぬ大資本』なんてフレーズが浮かんだりします。でも、鉄道愛好家の私としては、矢張りコレですね。いや~、嬉しいなあ!

(A) 中味を既に取り出してしまったので、4枚しか入っていませんが、包装状態。5枚入りです。
01-080806nuresenbei.jpg

(B) 裏をひっくり返すと・・・・・・・なんたって、「製造者:銚子電気鉄道株式会社」と嬉しい事が書いてあります。
03-080806nuresenbei.gif

(C) 中味の一枚で、一枚一枚が袋入りです。
02-080806nuresenbei.jpg

 「むらさき香る沿線 潮騒めぐる銚子電鉄 風味豊かな ぬれせんべい」とあります。おまけに「直営製造販売所 仲の町駅店 笠上黒生駅店 犬吠駅店」とありまして、鉄道ファンとしては、全く、もう嬉しい訳で・・・・・。
 今日の朝食後に、お茶を入れてご馳走になりましょう。銚子電鉄は、たしか、鯛焼きもやってたと聞きましたが、今でも駅で焼いているのでしょうか?そして、石油缶利用の塵取りも製造販売していたと、思いましたが・・・・・その後は、どうなっているのでしょうか。 


pencil-red.gif さて、話は変わって、本題です。
 今日も、大昔、50年も昔の軽便鉄道のお話です。今日は、岡山の西大寺鉄道。例によって、今回の9枚の画像も、三枚のネガからの部分拡大で・・・・・。

 西大寺鉄道1958年 

 西大寺鉄道は、1915年、岡山市内の「後楽園駅」から、終点の「西大寺駅」まで全通した、軌間914mm(3フィート)の非電化鉄道で、北九州には、山ほどあった914mmの鉄道も、この頃には、全国でも此処だけの稀少な鉄道でした。驚いた事に、Wikipediaによりますと、黒字だったそうですが、国鉄赤穂線開通とともに、1962年・昭和37年9月7日に、そちらに役目を譲って廃止となりました。

 1958年・昭和33年8月18日、私は、高知への旅の途中に立ち寄ったのです。岡山の全国区の有名な庭園「後楽園」の前の橋を渡ったところに、岡山のターミナル「後楽園駅」が有りました。ここから、終点の西大寺市駅までの切符を買って、後楽園発11時00分の、ニ軸ボギー気動車キハ6に乗ったのです。切符は、40円でありました。途中で百間川を渡る。当時から、内田百閒先生のファンでしたから妙に感動してしまったものです。

(1) 全線の中間辺り、国鉄の西大寺駅(現在の東岡山駅)前にある「財田(さいでん)駅」にキハ6が到着します。キハ6の前面の荷台には、自転車らしきものが積んであります。西大寺のお祭り輸送の為でしょう、ホームが矢鱈と長い
11-5808saidaiji01-001.jpg

(2) (1)の左の方を拡大。国鉄西大寺駅の貨物扱いホームが見えています。西大寺鉄道側にもささやかな貨物ホーム。ここで、貨物の積み替えをやっていたようです。二両の有蓋車、二両の無蓋車がいましたが、活動中には見えませんでした。すでに、トラック輸送に代わっていたのでしょうか・・・・。
 右端の三角屋根が西大寺鉄道の財田駅の駅舎です。
12-5808saidaiji01-002.jpg

(3) (1)の写真の中央部を拡大。後楽園行の気動車、キハ7が到着して、お客さんが沢山降りています。国鉄に乗り換えるのでしょうか・・・・・。右側の建物も時代がかっておりますが、西大寺鉄道の関係かどうかはわかりません。小さな水槽が屋根にありますが、いくら西大寺鉄道にあった蒸気機関車が小さかったにしても、小さすぎる気もしますが、もし、蒸気機関車の急水槽だったら、嬉しいですね。可愛いターンテーブルがあります。当時も、現役だったと思われるニ軸気動車・・・・単端式・・・・の転換に使ったのでしょう。
13-5808saidaiji01-003.jpg

(4) 田園地帯をのんびり走って、終点の西大寺市駅に付きました。車庫を見せて頂きましたが、このニ軸・単端式の気動車、写真で知ってはいましたが、大感動でありました。どうやら、現役らしく見えました。
14-5808saidaiji04-001.jpg

(5) (4)の右側、キハ3です。あまりいい形なので、模型化してしまいました。今でも、大切に仕舞ってあります。もちろん、モーター(故障中)を交換すれば動きます。
15-5808saidaiji04-002.jpg

(6) これも、(4)の部分拡大ですが、半流線型のキハ10。聞くところに拠れば、ニ軸のボギー者の車体を半分に切って、二両のニ軸気動車を作った、その一両なんだそうです。
16-5808saidaiji04-003.jpg

(7) 客車も山ほどいました。西大寺といえば、全国的に名を知られた「裸まつり」なんですが、その輸送時には大活躍したそうです。車輪径の小さなアーチバー台車(たしか475Φ)の所為か、デッキにはステップがありません。左から、ハボ4、ハボ7、ハボ11です。
17-5808saidaiji07-001.jpg

(8) (7)のハボ11を拡大してみました。良いでしょう??私は、大好きです。こんなのを何両も、蒸気機関車が牽引する列車を、見てみたかったですね。写真でしか見た事が有りませんが・・・・・・。
18-5808saidaiji07-002.jpg

(9) 台車はローラーベアリング、連結器は朝顔型。(ハボ11)
19-5808saidaiji07-003.jpg


signal-blink.gif
 
この時の、他の写真と、詳しいお話は、下記のアイコンをクリックして頂くと、ホームページ「む~さんの鉄道風景」の「西大寺鉄道」のページにリンクしていますので、ご覧いただけます。旅行記と、大型の写真を並べてあります。

          icon-mu3homepage.gif


coffee.gif では、また次回にお目に掛かりましょう!!!


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

軽便鉄道:遠州鉄道奥山線1958 [軽便鉄道]

icon-keiben.gif
pen-pc.gif 草軽電鉄の記事に引き続き、軽便鉄道で行きましょう。軽便鉄道と言っても、私の中の、軽便鉄道・・・・つまり、軌間1,067mm未満の鉄道と言う事で・・・・軽便鉄道法による鉄道と言う事ではないのです。シビアでなくって済みません!

 遠州鉄道奥山線1958年 

 1958年・昭和33年4月9日、浜松市内の、旅館で一泊して、浜松市内の遠州鉄道奥山線のターミナル、東田町駅から、終点の少々手前の、気賀口駅まで、約8kmを往復しました。
 奥山線は、軌間762mm、全線単線で、途中の曳馬野駅までがDC600Vで電化されていました。その先は気動車。終点の奥山(終期の浜松のターミナル、遠鉄浜松から25.7km)には、「臨済宗大本山 方広寺 奥山半僧坊」なるお寺があります。五百羅漢とか、有名らしい。

 その、私が折り返した、気賀口駅の写真を少々・・・・・・・。

(1) 駅前に、何にもなかった(様な記憶・・・)気賀口駅。サクラ満開。バックのコンクリートの建物は、社員寮と聞きました。東田町行きの列車が到着しました。
01-enshu-okuyama5804-12-1804-1301-001.jpg

(2) (1)の部分拡大。キハ1804+ワ1301です。ワ1301に、荷物の積み込みが行われています。
02-enshu-okuyama5804-12-1804-1301-002.jpg

(3) 気賀口駅の駅舎を左側から・・・・社員寮の前辺り・・・・見ています。真中にある建物は、トイレ。その右側には、場内信号機の、梃子が見えます。
03-enshu-okuyama5804-15-toilet-001.jpg

(4) (3)の拡大です。トイレというよりも、御不浄、後架(字・・・合ってるかなあ?)・・・・って感じですね。基礎部分の赤煉瓦も良い感じです。軒の白熱灯もまた良し。
04-enshu-okuyama5804-15-toilet-002.jpg

(5) 蒸気機関車時代を彷彿とさせる、転車台とピットの址。犬小屋みたいなのは、たしか、ポンプかなんかが入ってた気がします。ターンテーブル址とピットはゴミ捨て場と化して居りました。バックのなんか、良い感じです。
05-enshu-okuyama5804-13-turntable-001.jpg

(6) ターンテーブル址を拡大してみました。煉瓦積みで良い感じでしょう?左側に写っているのは工事用のトロッコのようです。
06-enshu-okuyama5804-13-turntable-002.jpg

(7) コンクリート三階建ての、これは、社員寮だった気がしますが、その前に居たト1403・・・如何にも軽便風。
07-enshu-okuyama5804-14-1403.jpg

 そういったところで、遠州鉄道奥山編を終わります。


signal-blink.gif
 この時の「旅行記」は、私のホームページ『む~さんの鉄道風景』で、下のアイコンをクリックすると、ご覧頂けます

1958年4月の旅行記・・・・・icon-mu3homepage.gif

 **********************************

icon-click2.gif
 軽便鉄道法につきましては、こちらを御覧下さい。


coffee.gif 一寸だけですが、この軽便シリーズで行きます。
 では、また、次回に!!!


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

暑中お見舞い:草軽電鉄1958年 [軽便鉄道]

icon-keiben.gif

00-summer001.gif

 今日は、2008年8月2日・土曜日、旧暦7月2日、ニ黒友引、きのえ いぬ・・・・・なんだそうす。
 そして、学制発布記念日、
パンツの日、ホコ天記念日、ハーブの日、博多人形の日、8月第1土曜日:ゆかたの日・・・・と、こう云う日なんだそうな。『今日は何の日』というHPに出て居りました。・・・・で、如何って訳ではないんですけれど。

 今年は、ことのほか暑い様です。今までも、結構暑かったのですが、これから更に暑くなるなんてお話もあります。皆様には、お体には充分にお気をつけ下さい。

 ・・・・と云うわけで、涼しい写真をと云う事で、今日は、雪景色1958年・昭和33年12月、冬の草軽電鉄の全線乗車に行きました。そのときの写真を少々・・・・・。 

(1) 草津温泉駅から折り返してきました。ここは、吾妻駅です。列車交換待ちのひととき。私たちの乗った列車は、デキ19+ホトXXX+ホハ15
03-kusakaru5812-18agatuma.jpg

(2) 草津温泉行の列車が来ました。デキ16+コワフ104+ホハ31でした。
04-kusakaru5812-19agatuma.jpg

(3) ここは、国境平駅貨物列車と交換しました。
05-kusakaru5812-22kokkyoudaira.jpg

pen-para.gif ・・・・というところで、多少は、涼しくなって頂けたでしょうか??


この時の、旅の様子と、写真は、下のアイコンをクリックすると、ホームページ「む~さんの鉄道風景」の、この時の旅行記にリンクいたします。

icon-mu3homepage.gif


coffee.gif ネタが切れてきたので、探し出す前の間、一寸の間、軽便鉄道特集で行こうかなあと思っています。昭和20~30年代のお話です。ホームページ、既出で気が引けますが。
 ・・・・・では、また!!!!


nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本日休業(遠州鉄道奥山線画像) [軽便鉄道]

icon_netagire.gif
pen-ojigi2.gif 今日は、朝から用事が
詰まっていまして、ブログの画像データの作成が出来ず、更新をお休みさせて頂きます。

pencil-red.gif 何にも無いというわけには行きませんので、1958年・昭和33年4月遠州鉄道奥山線で。お茶を濁してしまう。

(1) 遠州鉄道奥山線は浜松市内の東田町から25.7kmの奥山まで、軌間762mmの軽便鉄道でありました。途中の曳馬野までは電化されており、電車が客車を引いておりました。その曳馬野駅1004
enshu-okuyama5804-03-1004-01.jpg

(2) (1)の右端に、おトイレが見えています。拡大してみました。昔は、何処にでもあったスタイルです。
enshu-okuyama5804-03-1004-02.jpg

(3) ご不浄ついでと云っては何ですが、同じ奥山線の「気賀口駅」の厠。煉瓦積みの下半分に、木造瓦葺きの屋根、典型的な厠です。模型化してレイアウトの片隅に如何でしょうか?
enshu-okuyama5804-15-toilet.jpg

pen-pc.gif 遠州鉄道奥山線の詳しいお話は、1958年・昭和33年4月の訪問記が、下記のアイコンをクリックして頂きますと、私のホームページの、遠州鉄道奥山線の訪問記をでご覧いただけます。
icon-mu3homepage.gif
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link25-enshu-okuyama5804.html

pen-ojigi2.gif 臭いお話で終わって、すみません。 

coffee.gif 明日には、なんとか「信州の電車」の続きをお目に掛けられるかと思います。


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本日休業18:ダブルルーフの気動車 [軽便鉄道]


 お早う御座います!!!昨日に引き続き今日もネタがありません。そんな訳で、今日も「一枚の昔写真」でご勘弁ください。

 数ある鉄道の中で、私の一番好きなジャンルは軽便鉄道。地方鉄道法とか軽便鉄道法とか、ありますが、堅苦しい事は置いておいて、私の中では一応、1,067mm/3’-6”未満の鉄道という事にしています。
 その中でも、一番気合を入れて通ったのが「静岡鉄道駿遠線」。書き出す長くなりますので、路線だけ書きますと、私の通い始めた、1958年・昭和33年ごろは、藤枝市内、工場のある大手駅から、国鉄東海道本線藤枝駅前にあるターミナル、新藤枝駅に至る3.9km。そして、新藤枝から、相良~御前崎近くの地頭方、浜岡、横須賀を経て、国鉄東海道本線の袋井駅に至る、なんと、60.7kmの二路線を持つ、当時としてはわが国最長の、軌間762mm/2’-6”の大軽便鉄道でありました。

 本日休業(19)静岡鉄道駿遠線・ダブルルーフの気動車1959年 ■

 ・・・・という訳で、たった一枚の、写真は、稀代の珍品、ダブルルーフの片ボギー、手ブレーキでスタートした、気動車キハC1。
 昭和4年、松井自動車工作所製、自重5トン、サイズ:長8543×幅2134×高3200、流石にエンジンはディーゼル化され、ブレーキも空気化してありましたが、当時、現役。

(1) こんな可愛いのが小さな客車の一両も引いて、広い田園の中の華奢な単線をやって来るわけです。キハC1と申します。撮影場所は新藤枝駅構内。


 後付けのエアタンク、ブレーキシリンダ等、苦労しております。

(2) 同じネガから、台車周りのクロースアップ。


 このキハC1につきましては、私のホームページの、「む~さんの鉄道風景」~「静岡鉄道駿遠線」~「駿遠線資料館」~「N氏の資料室」にありますので御覧下さい。下記URLからダイレクトに行けます。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link230-09c.html


 こんなところで、今日はオシマイです。また次回!!!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
- | 次の10件 軽便鉄道 ブログトップ