So-net無料ブログ作成

国鉄・八高線・川越線1966年(3終) [国鉄1960年代]

icon_mukashibanashi.gif

icon-hachikoline.gifpen-rei2.gif 3回連載の、1966年・昭和41年2月25日国鉄八高線、川越線のお話は、今回が最終回。続きのフィルムが何処かへ入っちゃって行方不明。よって中途半端気味ですが、今回で終了いたします。申し訳ない事です。

■■■ 国鉄・八高線・川越線1966年(3終) ■■■

 今回は、高麗川駅から1km少々、現在の太平洋セメント埼玉工場、当時は、日本セメントまで、引込み線がありまして、そこを辿って、工場まで行きました。原料の石灰石や製品輸送に、鉄道は一生懸命でした。奥多摩から拝島経由で、石灰列車が来る。途中、千分の20の峠があって、D51の重連が大活躍でした。

(1) バックが日本セメント埼玉工場。入れ替えようのスイッチャーが張り切っておりました。「汽車会社」のメーカーズプレートと、No.1のナンバープレートがついています。
301-660225-hachikoline.jpg

(2) 外台枠のロッド式でありました。
302-660225-hachikoline.jpg

(3) 高麗川からD51207の牽引でホッパ列車が到着します。左端、電柱に並んで、如何にも商店街風の電灯が立っています。この道は公道なのでしょう。
303-660225-hachikoline.jpg

(4) (1)の入換機が左端に写っています。首をかしげた入換信号がカワイイですね。
304-660225-hachikoline.jpg

(5) カワイイついでに入換信号機のクロースアップと行きましょう!二つの目玉が水平になったり、斜め45度になったりするのです。操作はもちろんワイヤで引っ張ります。
305-660225-hachikoline.jpg

(6) ホッパの最後部(D51から見て)にスイッチャーが取りつき、一旦高麗川駅方に引き上げ、再び左端のレールに押し込んでゆきます。
306-660226-hachikoline.jpg

(7) 工場からは、なにやら不思議な音が聞こえてきて居た様な気がします。あれが、話に聞く、回転式の炉の音なんだなあと思ったものです。
307-660225-hachikoline.jpg

(8) (7)の右奥をよくよくみると、この黒いモノは、さっきのD51207なのかもしれません。
308-660225-hachikoline.jpg

coffee.gif このあと、高麗川駅に戻ったのですが、そのあと、如何したのでしょう?でも、フィルムは出て来ないし、一応、これでお終いと致します。なんだか、竜頭蛇尾の終わり方となりました。

 では、また次号!!!!!


タグ:八高線 国鉄
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 5

サッシの父

埼玉のセメント産業が華やかな頃ですね。
わざわざ工場の引込み線まで足を伸ばしたのは、
貨物列車に魅力を感じられた所以でしょうか。
今は、残念ながら入れてもらえることは稀ですね。

by サッシの父 (2011-02-18 00:45) 

む〜さん

■■ サッシの父様:
 セメント工場への原材料輸送はたいしたものでした。東飯能~高麗川間の峠越えは20‰の勾配をD51重連で越しておりました。苦しげに喘ぐという感じは無く、余裕で越えている様に私には見えました。単機やら、バック運転やら、重連やら、いろいろ来るんですが、情報も無く、ひたすら待っておりました。それが、またよかったんですね。
 昭和30年代といえば、まだ、線路通行は普通で、お婆ちゃんお爺ちゃんも普通に歩いたりしていました。そんな時代だったんです。まあ、世間全般、長閑なものでありました。この写真を撮った昭和41年も、そんな時代の流れを引きずっていたのです。現在は、構内侵入者の事故があると、入れるようになっているのが悪いなんていわれてしまいますので、企業の壁が厚くならざるを得ませんね。
by む〜さん (2011-02-18 21:11) 

Cedar

おお~D51207ではないですか!私が撮った数少ないSL写真の中で気に入った1枚が小学生の時に撮った尾久機関区の柵越しのD51207でした。高校の鉄研の写真展にも出したはずです。

https://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_28d/cedarben/E5B0BEE4B98501-6abac.jpg

すみません、ついつい懐かしくて自己中なコメントになってしまいました。
八高線のD51ha高校時代に仲間と入ったことがあります、ネガが見つかったらごらんに入れます。
by Cedar (2011-02-18 22:39) 

maipenrai

 下回りまで真っ白になったホキの車列、いいですねぇ。4本の煙突を見て「おばけ煙突」を思い出しました。
by maipenrai (2011-02-19 08:16) 

む〜さん

■■ Cedar様:
 尾久のD51207の画像拝見しました。小学生Cedar様、素敵な構図ですね。栴檀は双葉より芳し・・・・って云うんでしょうか。
 八高線は、近場で蒸気機関車重連が見られる場所として、私は何度も訪問しました。昭和50年あたりまで撮影したフィルムも変質、変形でつかえるものも少なくなりました。
■■ maipenrai様:
 お化け煙突を見た記憶はあるんですが、写真は無いのです。鉄道関係以外のものをとる習慣が無かった、若い頃のことです。「煙突の見える場所」って映画もありましたね。五所平之助監督だったかな・・・粗筋も忘れてしまいましたが、お化け煙突が出てきた事は覚えています。
 八高線の20‰上り勾配、雑木林、高圧線・・・・懐かしく思い出しますが、最近の八高線の沿線風景と重ならなくなって居ます。そのくらい、木々も育ち、または消え、建物も建ちました。
by む〜さん (2011-02-19 20:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0