So-net無料ブログ作成

#296:郡山市立美術館へ行った [お出かけ通信251~300]

icon-odekake.gif
pen-pc.gif 
・・・・・・2009年5月2日・土曜日、郡山まで行ってきました。東京から郡山まで、天候は晴、風も殆ど無く、過ごし安い一日でした。
 少し前に、NHKのTVで、福島県郡山市の郡山市立美術館で、4月11日から5月24日まで、藤城清治さんの影絵の展覧会「光と影のファンタジー 藤城清治の世界展」をやっているとの事。たまたまその番組を見ていて、見に行こうということになって、家内と二人、行ってきました。

 お出かけ通信(296) 

 郡山市立美術館へ 

 5月1日に、町田市内の近畿日本ツーリストで東京~郡山の乗車券と自由席特急券を買ってきました。お一人様、片道が「乗車券=3,890円、特急券(自)=3,570円、合計7,460円」で、この二倍要る訳ですから、少々ビビりました。あの、定額給付金も出ることだし、これにおんぶして行く事になったわけです。

(1) こういう展覧会があるということで行った訳。(会場で頂いたチラシです。)
090502ode001.jpg

(2) 6時に起きて身支度、7時には家を出る。小田急の急行で新宿に到着すると反対側のホームにLSE7000のオリジナル塗装版が居るではありませんか!これは、今日一日縁起がいいぞ!
090502ode002.jpg

(3) 中央線のE233で東京駅着は8時半前でありました。エキナカ食堂街の「pasta & cafe BRAVO」で、ハムチーズトーストのセット、二人前で@1,4000で朝食。うん、まあ、こんなモノでしょう。
090502ode003.jpg

(4) 新幹線のホームに上がる。連休期間だけど郡山どまりだから、空いているだろうと列に並ぶ。前から三人目。赤の矢印の電車に乗るつもりです。
090502ode004.jpg

(5) 9時23分、電車が入って来た。やまびこ42号で、これが清掃後、折り返す。
090502ode005.jpg

pen-para.gif 車内は適当に空いており、この列車を選んだのは正解でした。定刻発車で、順調に走って定時の郡山着。車窓で田植え中の田んぼや、栃木~福島県境あたり、桜も咲いていたりします。 

(6) 郡山駅のホームに、「水のみ」があった。最近見かけなかったので、おおっ!と、思ったんですが、清掃専用で、水が飲めないようにしてありました。それにしても、針金で縛り上げてあるのは、如何かと思いましたね。
090502ode006.jpg

(7) 郡山市内の街路で見かけたマンホール。ご想像通り、市の花・木・鳥でありまして・・・・このイラストから、お判りでしょうか?
090502ode007.jpg
pen-pc.gif 回答・・・・・花=ハナカツミ(ヒメシャガ)、木=ヤマザクラ、鳥=カッコウ・・・と、郡山市のホームページに出ておりました。

(8) 駅前で郡山在住の知人と、久しぶりに会いまして、いっしょにお昼ご飯。知人のご案内で、バスでひとつ乗った横塚二丁目停留所近くの「和風ダイニング Don Don」で、日替わり定食@980で昼食。お徳用感十分で、満足。
090502ode008.jpg

(9) 郡山市立美術館へ行く福島交通のバスは一時間に一本しか出ない。歩きのヒトには、不便極まりないのですが、市民には自家用車利用が普通なのでしょう。
 美術館前のバス停周辺は、緑の山。
090502ode009.jpg

(10) 緑に囲まれた広大な敷地に美術館はありました。
090502ode010.jpg

(11) 入口からスロープを下って行くと、すっきりしたデザインの美術館本館
090502ode011.jpg

pen-pc.gif 勿論、館内、撮影は出来ません。150展余の素晴らしい、油絵から影絵、デビューから最新の作まで、一時間かけてゆっくり鑑賞。おりしも、藤城清治さんご本人来館中でサイン会をやってましたが、ピンクのジャケットの氏は、如何見ても70歳代の85歳。

(12) 結構、こういうのって疲れるもので、館内の喫茶室で、お茶。「カフェレストラン フローラ」、シフォンケーキに珈琲をつけて、@660
090502ode012.jpg

pen-pc.gif 14時50分、美術館前発の郡山駅行福島交通バスで、郡山駅。ここで、知人と別れて、新幹線で帰ります。水郡線の気動車を見たかったけれど、なにしろ列車本数が少ないので・・・・・。こっちは、機会を作って水戸からのんびり乗りに来ましょう。

(13) さて、郡山駅の新幹線ホームにあがると、15時25分発つばさ86号はすでに通過待ちでホームに居ました。自由席車に、二つ並びの空席がひとつあったので、やれやれと着席。
090502ode013.jpg

pen-pc.gif 帰り道、新幹線は大宮までで、大宮からは湘南新宿ライン。これで、特急料金が一人頭1,050円、節約できます。二人だと、2,000円を越すわけで、これは、大きい。夕食が食べられますね。

(14) 新宿から小田急ですが、流石に疲れて各停で寝て帰りました。町田帰着が18時30分頃。町田駅前の中国料理「南国酒家」で「五目つゆそば @1,300」を食す。これは、美味かったなあ。
090502ode014.jpg

coffee.gif 昨日のお出掛けは、こんな風でした。では、また!!!!


タグ:新幹線
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 5

quatre-l

僕らの子供の頃の大人気キャラクター「ケロヨン」のみならず天気予報の背景の影絵で誰でも知ってる藤城清治。

実は、今でも不思議だと思ってる子供の頃の体験があります。
家族が川の字になって寝ていた幼少の頃。夜中に目を覚ますとポプラ社の絵本が並んだ本棚の上あたりに影絵のキャラクターたちが遊んでいる姿を「毎晩」見ていたんです。両親は寝ているので、ちょっと怖い感じだったけれど布団にもぐってじっと見ていたんです。冗談ではなく毎晩だったので今でもはっきりと覚えていて、決して「夢」じゃないと思っているのですよ。ホント不思議なんです。
by quatre-l (2009-05-03 11:16) 

野良猫次郎

 お腹がすいているときに、こうたくさんの食べ物の写真を見てしまうのは辛いですね。

 980円のお昼がとてもお値打ち品のようですね。私も食べたい。
by 野良猫次郎 (2009-05-03 14:58) 

む〜さん

■ quatre-l様: いい体験をなさいましたね。幼い頃は大人には見えないものが見えるのですね。ケースは全然違いますが、雨の日、縁側から庭の水溜りを眺めていると、水面に雨粒で輪が無数に出来ますね。あれが古来の文様『青海波』に見えたのです。いま、いくら眼を凝らしても、青海波に見えないのです。同じようなケースでは、複線区間で電車の窓からお隣のレールを見ていると、レールが『ついて来る』様に見えたのですが、いまは、駄目です。
■ 野良猫次郎様: 私は外食すると、たいてい写真を撮ります。10年ほど昔、韓国旅行をしたとき、全食事のデジカメ記録を思い立と、ホームページに載せたのが始まりで、以来、撮ることが多いのです。お腹が空いていたりすると、食べ終わってから気づいたりします(笑)。
 高いものは食べられませんが、和洋中華韓エスニック、なんでもOKです。但し、『量』はイケなくなりましたね。あと、人に会うことが多い仕事なので、口臭の恐れのある食べ物は、明日が休みの日しか食べられません。
by む〜さん (2009-05-04 17:32) 

サットン

藤城清治の作品展はかつて大阪の某ホテルで毎夏開催されていたので懐かしいです。
確かに美術鑑賞って案外体力いりますね。
by サットン (2009-05-05 11:09) 

む〜さん

■ サットン様: 若い頃だったら、5時起きして上野からスーパーひたち号で水戸、水郡線で郡山、食事して、展覧会見て、お茶飲んで休憩、東北本線各停で黒磯で各地を乗り継ぎ、那須塩原か宇都宮からは新幹線ってなコースで回ったことと思います。でも、家内は「やだよ!」って言うことでしょう(笑)。今回も、水郡線のキハE130を見たかったけれど、見ることは出来ませんでした。今回のコースでも、大いに疲れてしまいました。歳だねぇ~・・・とほほ。
by む〜さん (2009-05-05 12:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0