So-net無料ブログ作成

特急あさぎりJR東海371系のアルバム [小田急・江ノ電・箱根登山]

icon_odakyu150.gif
pen-pc.gif 本来はJR東海の電車を、ここへ分類するの如何かと思いますが、松田から小田急に乗り入れて、70kmも走るし、二本の小田急20000形RSEと協力して、1991年から2012年間で、特急あさぎり号で20年余りも頑張ったのですから、良しとしましょう。

pen-para.gif その371系、JR東海の小田急新宿乗り入れ用として、20000形RSEと同じタイミングで一本製造されました。7両編成、グリーン車のダブルデッカーを二両挟んだ、如何にも観光電車というスマートでユニークな車体です。抵抗制御(界磁添加励磁制御)。2012年3月の乗り入れ中止とともに、引退状態のようですが、何処で如何して居るのでしょう。

■■■ 相互乗り入れ特急あさぎりJR東海371系のアルバム ■■■

pen-para.gif 私のコンパクトデジカメで撮った「あさぎり号」の画像の中から15枚選びました。

(1)2001-05-04 08:50 松田駅 上りの「あさぎり」
001-010504-jrtokai371.jpg

(2)2006-04-03 10:46 鶴川~玉川学園前 桜満開和光大学
002-060403-jrtokai371.jpg

(3)2008-03-29 10:43 鶴川~玉川学園前 この年の桜も綺麗でした。
003-080329-jrtokai471.jpg

(4)2009-05-11 09:31 町田~玉川学園前
004-090511-jrtokai371.jpg

(5)2010-03-01 10:48 玉川学園前~町田(寸前)
005-100301-jrtokai371.jpg

(6)2010-03-11 16:51 座間~相武台前
006-100311-jrtokai371.jpg

(7)2010-04-03 16:12 御殿場線・谷峨駅で、沼津行各停と「新宿行あさぎり」の通過。
007-100629-jrtokai371.jpg

(8)(7)に同じ
008-100629-jrtokai371.jpg

(9)2010-10-11 17:00 町田~玉川学園前
009-101011-jrtokai371.jpg

(10)2010-11-24 09:34 玉川学園前~鶴川 和光大学のポプラの紅葉が綺麗な年でした。
010-101124-jrtokai371.jpg

(11)2011-09-12 11:04 相武台前~座間
011-110912-jrtokai371.jpg

(12)2011-11-10 10:45 鶴川~玉川学園前
012-111110-jrtokai371.jpg

(13)(12)に同じ・・・・グリーン車の窓が大胆です。
013-111110-jrtokai371.jpg

(14)(12)に同じ
014-111110-jrtokai371.jpg

(15)2011-11-16 10:47 鶴川~玉川学園前 まだ、ポプラは緑です。
015-111116-jrtokai371.jpg

coffee.gif これで、「あさぎり」の371系のアルバムはお終いです。御殿場線線内での写真を殆ど撮って居りません。どうしても、地元で・・・・と言う事になる私でした。

pen-para.gif 次回は、小田急ロマンスカー10000形HiSEにしようと思っています。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 6

Cedar

前回は早合点して大変失礼しました。
この電車には何故か静岡のホームライナー運用時に乗ったことがあります。お洒落な外観の割に安っぽい内装がJRの電車だなあ、と思いました。
西武か東武あたりに再就職できそうですが〜無理ですね?

by Cedar (2014-08-29 20:23) 

あさま55号

いつもお世話になっております。
371系は、名車のように感じております。
この電車に1度だけ乗りました。RSEとは逆で新宿~町田間を乗車しました。現場帰りだったか現場調査帰りで夕方のあさぎり7号に乗った記憶があります。

シートが東海道新幹線100系と同じシートだったと思います。
加速感が良かったと思います。
カラーリングも在来線の新幹線みたいな感じで、どことなく夢があるような感じでした。
小田急線に黒岩保美さんデザインのグリーン車マークを付けた唯一の車両でした。

あの時妻面を覗いたのですが、検査工場が名古屋工場でしたが、都内ではなかなか見られない表記でした。

この車両を東海道線の東海で走らせてもらいたかったですが、
何せ、東日本と東海の仲が悪いので私の中では夢で終わりました。

RSEのお話で出てきました沼津駅は、ここ数年行っておりませんが、6年前は、昔のままだったと思います。
確か洗面所もあったと思いますが。
歴史を感じる駅というか、戦後間もなくまで電化のと非電化の境でしたし、80系登場時の湘南電車の終点駅でしたね。
沼津行きの湘南電車も夜しか無くなり、寂しい感じもしますが、これもJR東と東海の仲が悪い関係からでしょうかね。
国鉄の古き良き時代が詰まった駅が沼津なのかもしれません。
by あさま55号 (2014-08-29 22:37) 

のり

JR(国鉄)が私鉄に乗り入れるための特急車を造った…、というのに驚きました。
それまでは、私鉄の特急車両が乗り入れるというのがふつうでしたね。乗り入れても、国鉄線内では急行扱いが精一杯。乗り入れ車が国鉄線内で特急を名乗れたのは、名鉄の北アルプスが最初だったでしょうか。

そんなJR側のあさぎりも、もうないんですね。
by のり (2014-08-30 12:51) 

はーさん

特急「あさぎり」371系に沼津から、一度だけ乗りました。スタイルも悪くなく、座席のすわり心地も良く、富士山を眺め、快適でした。しかし、この電車の指定券は小田急の発券システムに入っており、JRのみどりの窓口では取りにくかったと思います。
北千住駅のみどりの窓口で、購入しようと思いましたら、JRのセンターから小田急に電話連絡して取るので、時間がかかるので
小田急トラベルに行って欲しいと言われました。このように小田急沿線以外では指定券が取りにくいのも、あさぎりの縮小につながったのでしょうね。
by はーさん (2014-08-31 11:20) 

伊豆之国

371系のほうの「あさぎり」は、15年ほど前、西伊豆の父の実家に行くときに沼津まで乗っています。普段は伊豆急下田から入るのが多かったので、たまには違うコースで、ということになったようです。沼津から1駅戻って三島へ、三嶋大社参りと、駅前にある元・宮様の別荘「楽寿園」を見て、修善寺からバス、という道筋でした。
先日の東海道線鈍行乗り継ぎ旅の車窓から、今は団体用車両として運用されることがあるという371系の姿を見ることができたのは、前回に書き込んだとおりです。
あさま55号様のおっしゃるように、昭和9年に東海道線が御殿場線廻りから今の熱海廻りの線に切り替わり、電化が沼津まで延びてから、昭和24年までの間、沼津が電化区間の終点になっていたため、沼津駅でELとSLの付け替えのために長時間停車することが多く、「沼津食わずに汽車の旅」という駄洒落も生まれたそうです。
by 伊豆之国 (2014-08-31 12:59) 

む〜さん

■■ Cedar様:
 残念なことに私は371に乗った事がないので、インテリアについてはよくわからないというのが、正直なところです。外観のデザインはなかなかで、前頭部が少々・・・・と思っています。グリーン車の一階~二階の窓を連続にしたのは、いいセンスだなあと思っておりました。
■■ あさま55号様:
 371はリゾート列車として、なかなかのデザインでしたね。今になって、乗っておけばよかったなんて、悔やんでいます。
 沼津駅・・・幼い頃って、「変な事」を考えるもので、二死から帰ってくるとき、沼津からは、電気機関車になるのですが、それがとてつもなく嬉しかったことをはっきり覚えています。そして、窓全開で丹那トンネルです。爽快でしたね。オハ35などで、トンネルごとに窓の開閉、面倒で、重くて、子供にはつらいことでした。それが、窓全開、ひんやりした、綺麗な空気がど~んと入ってくる。うれしかったですね。
 少年時代に、何処かの駅弁いアタって、吐いてしまい、沼津駅で途中下車。畳敷きだったので宿直室かもしれませんが、そこで休ませてくれ、同行の兄が医者を呼んで処置してもらいました。
■■ のり様:
 御殿場までだった区間を沼津まで延長して、JRと小田急が、新車をそれぞれ作って、相互乗り入れ。まあ、なんという、気合の入れ方でしょう!プロジェクトとしては思ったよりも、観光客、ビジネス客は利用しなかったのでしょう。やっぱり、新幹線や自家用車がいいのかなあ。
■■ はーさん様:
 上り列車が御殿場方面に登坂する区間の富士は素晴らしいですね。
 指定券の販売方式が使いにくい形では、窓口さんも、売るのが面倒になってしまうでしょうね。おまけに、待たされては、リピートは期待できませんね。せっかくの、相互乗り入れ、コンピュータの乗り入れも、スムーズなシステムを組んでほしかったですね。
 MSEの6両編成になってからの、あさぎり号、まだ乗っていないのです。町田駅が通過になってしまいましたので、相模大野からでは少々、乗るのが面倒になりました。
■■ 伊豆之国様:
 西伊豆といいますと、四十代のころでしたか、釣りに凝っていまして、沼津のあたりから、戸田のあたりまで、通ったことがあります。修善寺から戸田峠を越えて、折れ曲がった下り坂を、戸田へ下りてゆく道を、覚えています。
 東京から電気機関車にけん引されていった列車は、沼津から蒸気機関車です。原駅、鈴川駅と、線路から愛鷹山のふもとまで家、工場はほとんどなく、田んぼが広がり、機関車の吐き出す煙が、風に飛ばされて、田んぼの稲の上を飛んでゆきます。雀の群れが、飛んでいる。そんな光景が思い浮かびます。

■■♪♪ tochi様:
■■♪♪ フジトモ様:
 「nice!」有難う御座います。
by む〜さん (2014-09-01 14:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0